クラドニ「隕石が地球外起源説を提唱」ドイツの天文学者 「クラドニ図形」粒体を使った固有振動を可視化する図形

353zaGrlZPgqc
隕石が地球外に起源があるという
説を初めて提唱した天文学者
クラドニ
Chladni

エルンスト・クラドニ(Ernst Florens Friedrich Chladni 、1756年11月30日 – 1827年4月3日)はドイツの物理学者、天文学者である。音響学の分野に貢献する一方、隕石が地球外に起源があるという説を初めて述べたことでも知られる。
>天文学の分野では、ドイツの博物学者、ペーター・ジーモン・パラス(Peter Pallas 、1741年-1811年)がロシヤのクラスノヤルスクから持ち帰ったパラス石(パラサイト:Pallasite)を調べ、1794年にUber den Ursprung der von Pallas gefundenen und anderer ihr ahnlicher Eisenmassen und uber einige damit in Verbindung stehende Naturerscheinungen (パラス鉄などの起源と関係する自然現象について?)を著し、隕石の地球外起源説を初めて唱えた[1]。
引用元: エルンスト・クラドニ – Wikipedia.

クラドニ図形(Chladni figure)は、ドイツの物理学者エルンスト・クラドニの名にちなんだ図形であり、物体の固有振動の節を可視化する方法である。この図形は1680年7月8日、ロバート・フックによって見出された後、1787年にクラドニの著書に初めて記載された[1]。
>例えばギターの背面についてもこのクラドニ図形が観察されている。
引用元: クラドニ図形 – Wikipedia.
550px-Chladni_guitar.svg
引用元: File:Chladni guitar.svg – Wikimedia Commons