【アリオト、メラク、フェクダ】

次の北斗七星の星を
明るい順に選びなさい
アリオト
メラク
フェクダ
メグレス
42%

016eevRjHM
次の一等星を
見かけの明るさが
明るい順に選びなさい
シリウス
カノープス
アークトゥルス
プロキオン
アルタイル
デネブ
引用元:見かけの明るさ「シリウス」「カノープス」「アークトゥルス」「プロキオン」「アルタイル」「デネブ」 地球からの距離順「デネブ」「ベガ」「アルタイル」 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E7%90%86%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/18674/


次の『水滸伝』に登場する
梁山泊百八星のメンバーを
属するのが天コウ星か地サツ星
かでグループ分けしなさい
【天コウ星】魯智深、公孫勝、盧俊義
【地サツ星】魏定国、安道全、皇甫端、単廷珪
引用元:「天罡星」魯智深「地煞星」魏定国、安道全 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/39596/

北斗七星(ほくとしちせい、英:Big Dipper、Plough)は、おおぐま座の腰から尻尾を構成する7つの明るい恒星で象られる星列のこと。北斗、北斗星、七つの星、七曜の星とも呼ばれる。柄杓の形をしているため、それを意味する「斗」の名が付けられている。日本では四三の星[1]、七剣星とも呼ばれた。3等星であるδ星を除く6星は全て2等星である。このため春の星空で目立ちやすく、世界各地で様々な神話が作られている。
引用元:北斗七星 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%96%97%E4%B8%83%E6%98%9F

おおぐま座ε星は、おおぐま座の恒星で2等星。北斗七星を形成する恒星の1つでもある。

絶対等級 (MV) -0.2

名称[編集]
固有名アリオト[2](Alioth[3][4])の意味については諸説ありアラビア語で「尾」を意味する al-ayyūq が語源という説[2]や、「黒い馬 (または牛) 」を意味する al-jaun が転訛したものという説がある[3]。2016年6月30日に国際天文学連合の恒星の命名に関するワーキンググループ (Working Group on Star Names, WGSN) は、Alioth をおおぐま座ε星の固有名として正式に承認した[4]。

中国では、『史記』の「天官書」での名は玉衡、唐の密教経典『仏説北斗七星延命経』では廉貞(れんじょう)とされる。
引用元:おおぐま座イプシロン星 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E3%81%8A%E3%81%90%E3%81%BE%E5%BA%A7%E3%82%A4%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%83%B3%E6%98%9F

おおぐま座β星は、おおぐま座の恒星で2等星。北斗七星を形成する恒星の1つでもある。

絶対等級 (MV) 0.4

名称[編集]
Beta Ursae Majoris, β UMa。固有名メラク[2] (Merak[3][4])はアラビア語で「大熊の腰」を意味する marāqq al-dubb al-akbar に由来している。アンドロメダ座β星の『ミラク』と語源は同じ。2016年6月30日に国際天文学連合の恒星の命名に関するワーキンググループ (Working Group on Star Names, WGSN) は、Merak をおおぐま座β星の固有名として正式に承認した[4]。

また、中国名は『史記』「天官書」など正史の天文志では天璇(てんせん)、唐の密教教典『仏説北斗七星延命経』では巨門(こもん)である。
引用元:おおぐま座ベータ星 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E3%81%8A%E3%81%90%E3%81%BE%E5%BA%A7%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%BF%E6%98%9F

おおぐま座γ星は、おおぐま座の恒星で2等星。北斗七星を形成する恒星の1つでもある。

絶対等級 (MV) 0.4

名称[編集]
Gamma Ursae Majoris、略称 γ UMa。固有名フェクダ[2] (Phecda[3][4]) は、アラビア語で「大熊の腿」を意味する fakhidh al-dubb al-akbar が由来となっている[3]。2016年6月30日に国際天文学連合の恒星の命名に関するワーキンググループ (Working Group on Star Names, WGSN) は、Phecda をおおぐま座γ星の固有名として正式に承認した[4]。

中国名も知られ、『史記』「天官書」など正史の天文志では天璣(てんき)、唐の密教教典『仏説北斗七星延命経』では禄存(ろくぞん)と呼ばれる。
引用元:おおぐま座ガンマ星 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E3%81%8A%E3%81%90%E3%81%BE%E5%BA%A7%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%9E%E6%98%9F

おおぐま座δ星は、おおぐま座の恒星。北斗七星の中で唯一の3等星である[6]。

絶対等級 (MV) 1.4

名称[編集]
学名はδ Ursae Majoris(略称はδ UMa)。固有名メグレズ[2] (Megrez[3][4])は、アラビア語で「大熊の(尾の)根元」を意味する maghriz al-dubb al-akbar が由来となっている[3]。2016年6月30日に国際天文学連合の恒星の命名に関するワーキンググループ (Working Group on Star Names, WGSN) は、Megrez をおおぐま座δ星の固有名として正式に承認した[4]。

中国名を文曲星といい、学問を司るとされる。
引用元:おおぐま座デルタ星 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E3%81%8A%E3%81%90%E3%81%BE%E5%BA%A7%E3%83%87%E3%83%AB%E3%82%BF%E6%98%9F