Hans Berger

人間の脳波を初めて記録し
アルファ波の発見者ともされる
ドイツの学者は
ハンス・◯◯◯◯?
エーガー
ベルンン
ホビナイ
ベルガー(答)
27%

ハンス・ベルガー(Hans Berger, 1873年5月21日 – 1941年6月1日)は、ドイツの神経科学者、精神科医。

研究[編集]
体験したテレパシー現象の衝撃と脳神経機能への興味から、彼は神経学において多くの面で研究意欲を示したが、中でも脳における循環器、神経生理学、脳温度の研究を行った[3]。 しかし医学と神経学における彼の最大の貢献は、人間の脳における電気活動を系統的に研究し、脳波 (EEG) 研究を発展させたことである。これはイギリスでリチャード・カートン (1842 – 1926) が動物で行った草分け的研究の後を継いたものである。1924年にベルガーは人間では初めてとなる脳波記録を行い、これを Electroencephalogram(脳波)と名付け1929年に発表した[4]。また彼はこの脳波を用い、健常者や患者の脳から得られる、様々なパターンの波形やリズムを初めて記述した。具体的には、ベルガー波としても知られるアルファ波 (8-12 Hz) の存在、および被験者が開眼した時にそれが(より速いベータ波によって)抑制されること、いわゆる「アルファ・ブロケード」を指摘した。彼はまた、てんかんのような脳障害における脳波の変容の性質について初めて記述した。
引用元:ハンス・ベルガー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%BC

ハンス ベルガー
Hans Berger

1873 – 1941
ドイツの精神科医。
元・イエナ大学教授。
大学卒業後、イエナ大学助手となり、電気生理学の研究を行う。1918年イエナ大学精神科教授。’24年息子の頭皮上から初めて人の脳波を記録する事に成功し、脳波のα波をベルガー波と名付ける。’24年研究成果を発表。’40年にノーベル医学生理学賞を受賞。この脳波の研究により、癲癇患者の脳波所見には徐波が異常に多く、癲癇大発作の脳波に異常速波がみられる事などを発見する。これらの研究は現在も中枢神経研究の有力な手段として多くの知見をもたらしている。
引用元:ハンス ベルガーとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B9%20%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%BC-1631491