楽天鮑本酒す【れてあはびぽしす】Earth MOID【最小交差距離】

次の彗星を
地球への最接近距離が
短い順に選びなさい
レクセル彗星 0.0151AU
テンペル・タットル彗星 0.0229
アイラス・荒貴・オルコック彗星 0.0312
ハレー彗星 0.0334
ビエラ彗星 0.0366
ポン・ウィケネ彗星 0.0394
シュワスマン・ワハマン第三彗星 0.0617
菅野・三枝・藤川彗星 0.0628
30%


周期約366年と、登録番号が
ついた彗星の中で
周期がもっとも長いのは
「池谷・関彗星」である
×(答)
◯「池谷・張彗星」
63%

130NyjxDdWRdi
次の彗星を太陽を回る周期の
長い順に選びなさい
百武彗星 72,000年
ヘール・ボップ彗星 2530年
池谷・関彗星 877年、1056年
池谷・張彗星 374年
スイフト・タットル彗星 133年
ハレー彗星 75年
エンケ彗星 3年

CIMG2150RPXTmKXARtAR
1965年に発見された「イケヤ・
セキ彗星」の「イケヤ」は
天文家の池谷○のこと?
○の名前をひらがなで答えなさい
かおる(答)
池谷薫

ですが
「セキ」は天文家の関○のこと?
○の名前をひらがなで答えなさい
つとむ(答)
関勉
引用元:「池谷・張彗星」登録番号彗星中最長の周期 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E7%90%86%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/32235/

CIMG7071xGRLJ38nHd2R
NASAの彗星探査機
「ディープ・インパクト」が
探査した彗星は「◯◯◯◯
第1彗星?
ンルレーナ
ジペボテリ
テンペル(答)

ですが、「ディープ・スペース1号」が調査した彗星は「○○○○彗星」?
ボレリー(答)

文字パネル
2009年2月に地球に再接近して話題となった、次回の太陽への再接近は数万年後と予測されている彗星は「○○○○彗星」?
ルーリン(答)
鹿林彗星
引用元:「彗星と公転周期」百武彗星 ヘール・ボップ彗星 池谷・関彗星 池谷・張彗星 スイフト・タットル彗星 ハレー彗星 エンケ彗星  「池谷薫」「関勉」 「ディープインパクト」テンペル第1彗星「ディープスペース」ボレリー彗星 「オールトの雲」彗星の発生源「ヤン・オールト」 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E7%90%86%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/9395/



2013年11月に地球に最接近した
「今世紀で最も明るい彗星」
とも呼ばれる巨大な彗星は
「◯◯◯◯彗星」?
ソーイルシ
ッアフンパ
アイソン(答)
23%
「アイソン彗星」
引用元:アイソン彗星 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E7%90%86%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/38093/

Closest Approaches to the Earth by Comets
The following table lists, in order of increasing geocentric distance, the closest known approaches to the earth by comets. In order to qualify for this listing, the approach must have occurred during an observed apparition, although in some cases the object was not under observation at the time of closest approach.

The dates of closest approach are given in Terrestrial Time (TT), although at the precision of this table they can be considered to be in Universal Time (UT). For comparison, the mean distance of the moon is 0.0026 AU = 384400 km = 238900 miles. (1 AU is approximately the mean distance of the earth from the sun = 149597870 km = 92955810 miles.)

Distance Date (TT) Permanent designation
(AU)

0.0151 1770 July 1.7 D/1770 L1 (Lexell)
0.0229 1366 Oct. 26.4 55P/1366 U1 (Tempel-Tuttle)
0.0237 2016 Mar. 22.65 P/2016 BA14 (PANSTARRS)
0.0312 1983 May 11.5 C/1983 H1 (IRAS-Araki-Alcock)
0.0334 837 Apr. 10.5 1P/837 F1 (Halley)
0.0358 2016 Mar. 21.52 252P/LINEAR
0.0366 1805 Dec. 9.9 3D/1805 V1 (Biela)
0.0390 1743 Feb. 8.9 C/1743 C1
0.0394 1927 June 26.8 7P/Pons-Winnecke
0.0437 1702 Apr. 20.2 C/1702 H1
0.0555 2014 May 29.33 209P/LINEAR
0.0601 2011 Aug. 15.34 45P/Honda-Mrkos-Pajdusakova
0.0617 1930 May 31.7 73P/1930 J1 (Schwassmann-Wachmann)
0.0628 1983 June 12.8 C/1983 J1 (Sugano-Saigusa-Fujikawa)
0.0682 1760 Jan. 8.2 C/1760 A1 (Great comet)
0.0787 2006 May 12.4 73P/Schwassmann-Wachmann
0.0839 1853 Apr. 29.1 C/1853 G1 (Schweizer)
0.0879 1797 Aug. 16.5 C/1797 P1 (Bouvard-Herschel)
0.0884 374 Apr. 1.9 1P/374 E1 (Halley)
0.0898 607 Apr. 19.2 1P/607 H1 (Halley)
0.0934 1763 Sept.23.7 C/1763 S1 (Messier)
0.0964 1864 Aug. 8.4 C/1864 N1 (Tempel)
0.0982 1862 July 4.6 C/1862 N1 (Schmidt)
引用元:Closest Approaches to the Earth by Comets https://minorplanetcenter.net//iau/lists/ClosestComets.html

最小交差距離 (英語:Minimum orbit intersection distance, MOID)は、天文学において、天体の近接の度合いや衝突リスクの評価に用いられる尺度である[1][2]。2つの天体の接触軌道の最も近い点間の距離で定義されている。 地球との衝突の危険性においてよく注目され、地球軌道との最小交差距離(Earth MOID)は、JPL Small-Body Databaseのような、彗星や小惑星のデータベースには載っていることが多い。 最小交差距離は、地球以外の天体に関しても同様に定義され、木星のMOID、金星 のMOIDなどが存在する。

地球軌道との最小交差距離が0.05 AU未満の場合、その物体は潜在的に危険な小惑星 (PHO)として分類される。地球よりも大きな天体に対しては、より大きな最小交差距離に対して潜在的に危険な小惑星へ分類する。例えば、最も巨大な太陽系の惑星である木星の場合、1 AU未満であれば、注目に値すると考えられている[1]。
引用元:最小交差距離 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%80%E5%B0%8F%E4%BA%A4%E5%B7%AE%E8%B7%9D%E9%9B%A2

大彗星(だいすいせい、Great Comet)とは、特に明るく壮大になった彗星のことである。彗星には公式には発見者の名前が付けられるが、中には最も明るくなった年を付けて、「…年の大彗星」と呼ばれているものもある。

大彗星の定義[編集]
ある彗星が大彗星かどうかを決める公式な定義はない。そのため、大彗星という言葉は、どうしても主観的にならざるを得ない。しかし、その彗星を積極的に探しているわけではなく、空をたまたま見ただけの人でも気付くほど明るくなり、天文学のコミュニティー以外の人にもよく知られるようになった彗星は、大彗星と言える。また、明るさが0等級を上回るような彗星も、大彗星と呼ばれるようになるだろう。

過去の大彗星[編集]
ここ数世紀に現れた主な大彗星には以下のようなものがある。

クリンケンベルグ彗星 (C/1743 X1) – 1743年
1743年2月27日には、太陽から僅か12°しか離れていなかったのにも拘らず、昼間に見えた。明るさは-6等級に達していた可能性もある。さらに、11本ものジェットの尾が発達し、その長さは90°にまで達した。

レクセル彗星 (D/1770 L1) – 1770年
地球にわずか0.015AUまで接近し、-2等まで明るくなった。その後、木星に非常に接近し、崩壊したか太陽系外に放出されたと考えられている。

ハレー彗星 (1P/1909 R1) – 1910年
非常に有名なこの彗星が1910年に戻ってきた時、見かけの明るさは0等級に達し、尾は最大で150°という、空全体をほぼ横切るほどの長さになった。さらに1910年5月19日には、地球がハレー彗星の尾にちょうど入った。

マックノート彗星 – (C/2006 P1) – 2007年
2007年1月12日の近日点通過前後には-6等級近くに達し、白昼の太陽のすぐ近くでも肉眼や双眼鏡で見ることができた。近日点通過後は南半球の夕方の空で肉眼でも容易に見ることができ、数十度に達する大きく曲がった尾が見られた。

ラヴジョイ彗星 – (C/2011 W3) – 2011年
数々の大彗星を出現させてきたクロイツ群の彗星であり、2011年12月16日には、太陽までわずか0.00555AU(83万km)まで接近した。その後、クリスマス・シーズンの南半球で雄大な姿を見せた。
引用元:大彗星 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%BD%97%E6%98%9F

レクセル彗星(レクセルすいせい、Lexell’s Comet)は1770年6月に天文学者のシャルル・メシエによって発見された大彗星である[note 1]。彗星の命名規則に基づいた名前はD/1770 L1であり、レクセル彗星という名称はこの彗星の軌道を計算したアンダース・レクセルに因んでいる[note 1]。レクセル彗星は歴史上のどの彗星よりも地球の近くを通り過ぎたことで有名である。このときレクセル彗星は地球から0.015 AUの地点まで接近した[2][3][4]。レクセル彗星は1771年以降は観察されておらず、失われた彗星(英語版)と見なされている。

近日点距離 (q) 0.674449 AU[1]

地球への接近[編集]
1770年の7月1日には、レクセル彗星は地球から0.015 AUの地点を通り過ぎた。これは地球と月の距離の約6倍に値する。
引用元:レクセル彗星 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%83%AB%E5%BD%97%E6%98%9F

テンペル・タットル彗星(テンペル・タットルすいせい、55P/Tempel-Tuttle)は、1865年12月19日から翌年にかけエルンスト・テンペルとホレース・タットルが発見した、周期33年の周期彗星である。しし座流星群の母天体として知られる。

なお、ペルセウス座流星群の母天体であるスイフト・タットル彗星とは、発見者の一人(タットル)が共通している以外に関係はない。

近日点距離 (q) 0.9765761 AU
引用元:テンペル・タットル彗星 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AB%E5%BD%97%E6%98%9F

IRAS・荒貴・オルコック彗星 (アイラス・あらき・オルコックすいせい、Comet IRAS-Araki-Alcock) とは、長周期彗星の1つである[3]。1983年5月11日に、この彗星は地球から約466万kmのところを通過し、史上3番目に地球近傍を通過した彗星となった[4]。仮符号C/1983 H1。

近日点距離 (q) 0.9913987(1) AU[3]

地球との接近[編集]
軌道計算を行った結果、IRAS・荒貴・オルコック彗星は協定世界時1983年5月11日12時2分頃に、地球からわずか466万km (0.03117AU) の所を通過する事がわかった[3]。通常の感覚では十分遠くにあるように思えるが、これは1770年7月1日に接近したレクセル彗星の226万km (0.0151AU) 、および1366年10月26日に接近したテンペル・タットル彗星の343万km (0.0229AU) に次いで、知られている中で3番目に地球に接近した彗星である。
引用元:IRAS・荒貴・オルコック彗星 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/IRAS%E3%83%BB%E8%8D%92%E8%B2%B4%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%83%E3%82%AF%E5%BD%97%E6%98%9F

ハレー彗星(ハレーすいせい、1P/Halley、ハリー彗星とも[2])は、約75年周期で地球に接近する短周期彗星である[3]。公転周期は75.3年[1]。多くの周期彗星の中で最初に知られた彗星であり、古来多くの文献に記録されている。前回は1986年2月に回帰し、次回は2061年夏[4]に出現すると考えられている。

軌道[編集]
ハレー彗星は周期約75年の楕円軌道を持ち、遠日点は海王星軌道の外側に達する。また軌道傾斜角が約162度で、逆行軌道となっている。
引用元:ハレー彗星 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AC%E3%83%BC%E5%BD%97%E6%98%9F

ビエラ彗星(ビエラすいせい、3D/Biela)は、1826年にヴィルヘルム・フォン・ビーラによって発見され、のちに消滅し、アンドロメダ座流星群の母彗星となった周期彗星である。ドイツ語本来の読みに近づけて、ビーラ彗星と表記されることもある。
引用元:ビエラ彗星 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%82%A8%E3%83%A9%E5%BD%97%E6%98%9F

ポンス・ヴィネッケ彗星(7P/Pons-Winnecke) は周期6.37年の周期彗星である。

1819年6月12日にジャン=ルイ・ポン(マルセイユ)、1858年3月9日にフリードリヒ・ヴィネッケ(ボン)がそれぞれ発見した。6月うしかい座流星群の母天体だと考えられている。
引用元:ポンス・ヴィネッケ彗星 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%8D%E3%83%83%E3%82%B1%E5%BD%97%E6%98%9F

シュワスマン・ワハマン第3彗星(シュワスマン・ワハマンだい3すいせい、73P/Schwassmann-Wachmann 3)は、1930年5月2日にドイツ・ハンブルク天文台のアルノルト・シュヴァスマンとアルノ・アルトゥール・ヴァハマンによって発見された周期彗星である(なお、発見者二人はともにドイツ人であり、ドイツ語の発音としてはシュヴァスマン・ヴァハマンが近い。ただし日本語ではシュワスマン・ワハマンと表記することが慣習的になっているので本項でもこの表記を用いる)。

彗星の分裂核は2006年4月下旬から5月上旬にかけて地球に大接近し、5月12日にはC核が地球から0.079天文単位(約1180万km)の距離を通過すると予想されている。最接近時にはC核が2等級、B核が5等級、E核が5等級にまで明るくなると期待されていたが、実際は核の分裂が進んだせいかC核は5等級止まりであった。
引用元:シュワスマン・ワハマン第3彗星 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%AF%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AF%E3%83%8F%E3%83%9E%E3%83%B3%E7%AC%AC3%E5%BD%97%E6%98%9F

La cometa Sugano-Saigusa-Fujikawa, formalmente indicata come C/1983 J1 (Sugano-Saigusa-Fujikawa) è una cometa non periodica che il 12 giugno 1983 è passata a meno di 9.400.000 km dalla Terra piazzandosi così al 15º posto tra le comete che si sono avvicinate alla Terra negli ultimi 2.000 anni[4].
引用元:C/1983 J1 Sugano-Saigusa-Fujikawa – Wikipedia https://it.wikipedia.org/wiki/C/1983_J1_Sugano-Saigusa-Fujikawa