【sharp,principal,diffuse】

原子における電子軌道の1つ
「s軌道」の名前の由来である
英単語は?
single

sharp
super
slide
42%

CIMG0513xnGmcDCXfxGm
共有結合のうち
2個の原子の間の結合軸に
結合電子が分布している
形式の結合を何という?
π結合
μ結合
σ結合(答)
δ結合
引用元:「テスラ」・モーターズ セルビア人物理学者テスラに因む 「ガンマ」γ鉄「温度によって結晶構造が変化」 「有機化学の炭素の位置」 1γ=10の-9乗テスラ 1γ=100万分の1グラム | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E7%90%86%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/21430/

s軌道(エスきどう、英: s orbital)とは、原子を構成している電子の軌道の1つ。

方位量子数は0であり、全ての電子殻(主量子数)について球状の一つの軌道のみが存在する。各電子殻(主量子数)のs軌道は主量子数の大きさから「1s軌道」(K殻)、「2s軌道」(L殻)・・・(以下続く)のように呼ばれ、1つのs軌道にはスピン角運動量の自由度と合わせて最大で2つの電子が存在する。

例えば基底状態の水素原子は1s軌道に1個の電子が存在しており、ヘリウム原子は1s軌道に2個の電子を取って閉殻構造となっている。s軌道の電子はSブロック元素の物性に関わっている。

s軌道のsはsharpに由来する。ナトリウムに代表される(s軌道に電子を持つ)元素のスペクトルが鋭かったことから、sharp(鋭い)の頭文字が当てられた。

結合・混成軌道[編集]
s軌道はp軌道やd軌道と混成軌道を作る。

s軌道同士、s軌道とsp混成軌道、s軌道とp軌道の結合はσ結合を形成する。
引用元:s軌道 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/S%E8%BB%8C%E9%81%93

p軌道(ピーきどう、英: p orbital)とは、原子を構成している亜鈴状の電子の軌道のひとつである。

方位量子数は1で、L殻以降の電子殻(2以上の主量子数)についてpx,py,pzという異なる配位の3つの軌道が存在する。各電子殻(主量子数)のp軌道は主量子数の大きさから「2p軌道」(L殻)、「3p軌道」(M殻)のように呼ばれ、ひとつの電子殻(主量子数)のp軌道にはスピン角運動量の自由度と合わせて最大で6つの電子が存在する。s軌道の波動関数は球対称だが、3つのp軌道はそれぞれx軸、y軸、z軸に対する軸対称な波動関数をしている。

p軌道のpは「principal」に由来し、ほぼすべての元素で観測されること、また励起pから基底sへの遷移スペクトル強度が大きいことから、主要な、第一の、と意味づけられた。
引用元:p軌道 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/P%E8%BB%8C%E9%81%93

d軌道(ディーきどう、英: d orbital)とは、原子を構成している電子軌道の1種である。

方位量子数は2であり、M殻以降の電子殻(3以上の主量子数)についてdxy軌道、dyz軌道、dzx軌道、dx2-y2軌道、dz2軌道という5つの異なる配位の軌道が存在する。各電子殻(主量子数)のd軌道は主量子数の大きさから「3d軌道」(M殻)、「4d軌道」(N殻)、、、のように呼ばれ、ひとつの電子殻(主量子数)のd軌道にはスピン角運動量の自由度と合わせて最大で10個の電子が存在する。

d軌道のdは「diffuse」に由来し、電子配置や軌道の変化分裂によるスペクトルの放散、広がりを持つことから意味づけられた。
引用元:d軌道 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/D%E8%BB%8C%E9%81%93