「ジガバチ」羽音「ジガ」に由来 「似我似我(じがじが、我に似よ)」

114dHyGaabLqe
ジガバチは、その羽音が
「ジガジガ」と言っているように
聞こえることから名前がある


>土を運び出しているようなので営巣中だと思います。
名前の由来となったジガジガという鳴声(羽音)が聞こえます。

ジガバチ(似我蜂)は、昆虫綱膜翅目アナバチ科(別名ジガバチ科)のジガバチ亜科またはジガバチ族[1]の総称である。ジガバチ亜科はジガバチ族のみを含む単型である。
>狩りは幼虫の食糧確保のために行なわれる。産卵前に食料にする獲物に毒針で毒を注入する。獲物はまったく動かなくなるが、これは神経を麻痺させてあるだけで、殺してはいない(死ぬと肉が腐って幼虫の餌とならない)。その後、巣(幼虫室と呼ぶ)を作って獲物を運び入れ、卵を一つ(種によっては複数)産み付ける。雌は幼虫室を閉じて出ていき、二度と戻らない。
>名の由来[編集]
ジガバチの名は、その羽音に由来し、虫をつかまえて穴に埋め、似我似我(じがじが、我に似よ)と言っているとの伝承に基づく。じがじがと唱えたあと、埋めた虫が後日ハチの姿になって出てきたように見えたためである。
引用元: ジガバチ – Wikipedia.