【マントル】橄欖石主体(Mg,Fe) 2SiO 4 【地殻】花崗岩主体(SiO2,Al2O3)

次の地球の
マントルを構成する元素を
量が多い順に選びなさい
酸素
マグネシウム

35%

次の元素を地殻に多く存在する順に選びなさい
ケイ素
アルミニウム

カルシウム
ナトリウム

007DraoRoY

地殻を構成する元素の
質量パーセントを示した数の
ことを「◯◯◯◯数」という?
ーアミラサ
イトクッス
クラーク(答)
「クラーク数」

引用元:「クラーク数」地殻を構成する元素比率数「おっしゃられて貸そうカマ」 地殻とマントル「リソスフェア」「アセノスフェア」「メソスフェア」「地殻」『リアルメンチカツ』 「コンラッド不連続面」「モホロビチッチ不連続面」「グーテンベルク不連続面」「レーマン不連続面」『不連続だと子どもがグレる』 「モホロビチッチ」クロアチア「グーテンベルク」アメリカ | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%e7%90%86%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/7026/

CIMG8569AVIEbiLenmAE (1)
次の不連続面と、その説明の
正しい組み合わせを選びなさい
コンラッド不連続面───地殻の花崗岩層と玄武岩層
モホロビチッチ不連続面───地殻とマントル
グーテンベルク不連続面───マントルと核
レーマン不連続面───外核と内核

139frAzNFtKWS
次の地球内部の層を
地球の表面に近い順に
選びなさい
リソスフェア
アセノスフェア
メソスフェア
地殻


次の地球内部の境界面を地表に近い順に選びなさい
コンラッド不連続面
モホロビチッチ不連続面
グーテンベルク不連続面
レーマン不連続面

マントル(英語: mantle, 「覆い」の意)とは、惑星や衛星などの内部構造で、核(コア)の外側にある層である。

マントルはマグマが固まったもの。さらに外側には、岩石からなるがわずかに組成や物性が違う、ごく薄い地殻がある。

成層構造[ソースを編集]
深度が深くなるにつれ、温度・密度ともに上昇するが、特に密度については、鉱物相が相転移することにより不連続に増加する。410 km、520 km、660 km、2,700 kmの地点に地震波の不連続面があり、これが相転移の境界と考えられている。この中では660 km不連続面は明瞭であり、これを境に上部マントルと下部マントルに分けている。鉱物相による分類については、上位からかんらん石(α相)、変形スピネル相(β相、ウォズレイアイトとも)、スピネル相(γ相、リングウッダイトとも)、ペロブスカイト相、ポストペロブスカイト相(D’’層 ディーツープライム とも)となっている。マントル構成物質は、この境界を移動するごとに相転移し結晶構造が変化、密度も変化する。

構成成分[ソースを編集]
リングウッド(A. E. Ringwood, 1963)らは、上部マントルの組成はダナイトと玄武岩が3:1の割合で混合したパイロライト(pyrolite)と呼ばれる仮想的岩石から構成され、この物質が分別溶融を起こすと玄武岩質マグマが生成すると考えた[4][5]。

下部マントルの組成については諸説あり、上部マントルと同じパイロライトの組成を維持しているとする説[6][7]、または、化学組成が異なりより二酸化ケイ素成分に富んだペロブスカイト相(MgSiO3)を主成分とするとする説[8]があり決着がついていない。前者であればマントルは太陽系の元素組成に近いCIコンドライトよりもケイ素に枯渇している事になり、後者であれば始源的な隕石であるC1コンドライトの化学組成に一致するが、マントルは2層対流で上部と下部の物質の混合が起こりにくい構造を支持する。

上部マントルの構成元素[9][10]
構成元素 含有率/%
酸素
マグネシウム 22.22
ケイ素 21.31
鉄 5.86
カルシウム 2.50
アルミニウム 2.17
クロム 0.301
ナトリウム 0.2745
ニッケル 0.2108
チタン 0.132
マンガン 0.1016
引用元:マントル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AB

地殻(ちかく、英: crust)は、天体の固体部分の表層部。マントルの上にあり、大気や海の下にある。

以下では、特に断らない限り、地球の地殻について述べる。

地殻
地球化学的な観点から地球を深さごとに分けたうち、最も外側に位置するものである。地殻の下に位置するマントルがかんらん岩などの超塩基性岩から成るのに対して、地殻は花崗岩などの酸性岩・安山岩などの中性岩・玄武岩などの塩基性岩から成り、その違いから地殻とマントルを分けている。大陸地殻の厚さは地域変化に富むが、30 – 40kmくらいの地域が多い。他方、海洋地殻はほぼ均一で、6kmくらいである。海洋地域にはごく稀に、地殻が存在せずマントルが直接海底や水面上に露出するメガマリオンと呼ばれる地質構造が存在する。リソスフェアの表層を形成する地殻は、主体をなすマントルと比べ剛性が低い。すなわち「柔らかい」。
引用元:地殻 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E6%AE%BB

下表は地殻中の元素の存在度を表している。数値の単位は質量パーセント濃度である。

以下の数値は推定値であり、調査したサンプルや調査法により異なってくる。とはいえ、オーダーはおよそ信頼できるものである。

元素名 元素記号 リソスフェア中の存在度[1] 地殻中の存在度[2] 地殻中の存在度 [3] 地殻中の存在度[4] 地殻中の存在度[5] 年採掘量
酸素 O 46.60% 474,000 ppm 46% 46.71% 46.1% 100,000,000 t
ケイ素 Si 27.72% 277,100 ppm 27% 27.69% 28.2% 3,880,000 t
5000 t electronic grade

アルミニウム Al 8.13% 82,000 ppm 8.2% 8.07% 8.23% 30,000,000 t
鉄 Fe 5.00% 41,000 ppm 6.3% 5.05% 5.63% 1,200,000,000 t
カルシウム Ca 3.63% 41,000 ppm 5.0% 3.65% 4.15% 112,000,000 t (CaO)
ナトリウム Na 2.83% 23,000 ppm 2.30% 2.75% 2.36% 200,000 t
カリウム K 2.59% 21,000 ppm 1.50% 2.58% 2.09% 36,000,000 t (K₂O)
マグネシウム Mg 2.09% 23,000 ppm 2.90% 2.08% 2.33% 350,000 t
引用元:地殻中の元素の存在度 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E6%AE%BB%E4%B8%AD%E3%81%AE%E5%85%83%E7%B4%A0%E3%81%AE%E5%AD%98%E5%9C%A8%E5%BA%A6

クラーク数(クラークすう、英: Clarke number)とは地球上の地表付近に存在する元素の割合を火成岩の化学分析結果に基いて推定した結果を存在率(質量パーセント濃度)で表したものである[1]。一番多いのは酸素で、ケイ素、アルミニウム、鉄の順に続く。クラーク数は科学史上の学説の一つにすぎず[2]、今日では最新の調査結果に基づいている別の統計資料を利用することが望ましい[3]。
引用元:クラーク数 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%AF%E6%95%B0