エイクマンと【成長を促進するビタミンの発見】

イギリスの化学者
トリプトファンを発見
グルタチオンを発見
ビタミンの先駆的研究
ドイジー
セントジェルジ
ホプキンス(答)
ドラモンド
40%

092TIveFQKZGL
ハンガリーの化学者
ノーベル生理学医学賞を受賞
筋肉の研究
ビタミンCを発見
エイクマン
セントジェルジ(答)
ホプキンス
ドラモンド

Albert Szent-Gyrgyi

「生物学的燃焼の研究」により
1937年にノーベル生理学・
医学賞を受賞した化学者は
セント・◯◯◯◯?
スーフプク
ホルェンジ
ジェルジ(答)
「セント・ジェルジ」

サー・フレデリック・ガウランド・ホプキンズ(Sir Frederick Gowland Hopkins, 1861年6月20日 – 1947年5月16日)は、イギリスの生化学者。メリット勲章勲爵士(OM)、王立協会フェロー(FRS)。1929年、ビタミンの発見の業績によりクリスティアーン・エイクマンと共にノーベル生理学・医学賞を受賞した。また、1901年にアミノ酸の一つであるトリプトファンを発見した。

イングランド・サセックスのイーストボーンに生まれ、ロンドン大学、ガイズ病院医学部(キングス・カレッジ・ロンドン)で学んだ。1914年にケンブリッジ大学の生化学教授に就任し、神経化学の開拓者として知られる Juda Hirsch Quastel などを教えた。

1929年、ノーベル生理学・医学賞をクリスティアーン・エイクマンと共に受賞した。受賞理由は、現在ビタミンとして知られる特定の微量粒子が健康の維持に必須であることの発見。また、彼は筋肉の収縮が乳酸の蓄積を引き起こすことも発見した。

1925年にナイト爵に叙せられた。
引用元:フレデリック・ホプキンズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%87%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%97%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%BA

ホプキンス
ホプキンス
Hopkins, Frederick Gowland
イギリスの生化学者.正規の大学教育は受けずに化学分析会社で働くかたわら,ロンドン大学の学外生として化学を学ぶ.1883年ロンドンのガイ病院勤務,1888年同病院医学校に学び,医学を修めた.1898年ケンブリッジ大学講師,1914年同大学に新設された生化学教室の初代教授となる.1930~1935年ロイヤル・ソサエティ会長を務める.おもな業績として,1901年トリプトファンの発見,1907年W.M. Fletcherと共同で筋収縮における乳酸発生の測定,1929年グルタチオンの発見など.またラットを用いた実験で,成長には三大栄養素だけではなく,牛乳に含まれる微量の成長促進因子(ビタミン)が必要であることを示した.この業績により,1929年,C. Eijkman(エイクマン)とともにノーベル生理学・医学賞を受賞.後進の指導にもすぐれ,A.von Szent-Gyorgri(セント-ジェルジ),H.A. Krebs(クレブス),E.B. Chain(ペニシリンの研究で1945年の生理学・医学賞を受賞),A.J.P. Martin(マーチン),R.L.M. Synge(シング),F. Sanger(サンガー)らを輩出した.
引用元:ホプキンスとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%9B%E3%83%97%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B9-384804