【ベニアコウの外道】

深海魚の釣りで外道として
知られる、ソコダラ科の魚
茨髭
イバラヒゲ(答)
56%

イバラヒゲ(茨髭、Coryphaenoides acrolepis)はタラ目、ソコダラ科に属する海水魚の一種。大型種である。ほどんど市場には出回らないが美味であり、刺身などで賞味される。
引用元:イバラヒゲ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%A9%E3%83%92%E3%82%B2

イバラヒゲはソコダラの一種で、関東の水深1000mラインではもっとも頻繁に姿を見せる魚です。
真っ赤なメヌケ類(ベニアコウやアコウダイ)を狙う際に現れることから漁師や釣り人からは「黒いの」と雑に呼ばれています。あまり歓迎されるものではありません。

が、味が悪いかというと決してそんなことはなく、その他のソコダラ同様に美味い魚です。
番組では刺身を肝醤油でいただきましたが、これが絶品!釣りたてなので身自体の旨味は薄いのですが、醤油に溶いた肝がとても濃厚で良い塩梅に。
アドリブで作ったメニューでしたが、思い返すとアレがこの魚を一番おいしく食べる方法だったのではと思います(ロケ中だったので写真はなし)。
引用元:水深1000mから『イバラヒゲ』を釣って食べる | 平坂寛のフィールドノート https://hiroshi-hirasaka.com/ibarahige/

東京スカイツリーに東京タワーを重ねても、まだ届かない千尋の海底に生息するのがベニアコウ。10kg以上に成長する大型のメヌケ類で、全身が一様に赤く、墨と称される黒い斑紋がある個体もいるが、その形や位置には決まりがない。ベニアコウは通称で、標準和名「オオサガ」と「サンコウメヌケ」の2種をまとめてそのように呼ぶ。現在は口腔内が白ければオオサガ、黒ければサンコウメヌケとされるが、後者は将来オオサガの異名同種として消滅する可能性がある。見事に釣りあげることができると、紺碧の海にまるで真紅の大輪が咲いたような光景を見ることができ、その鮮やかなコントラストに深海釣りファンは他では味わえない達成感と陶酔を感じる。
引用元:ベニアコウ|いつか会いたい憧れの魚|ANA釣り倶楽部 │ANA SKY WEB https://www.ana.co.jp/vacation/fishing/fish/beniakou/