『二人「零和有限確定完全」情報ゲーム』 利得の和は零 手数は有限 偶然要素なし 情報は全て既知

124sgwqWNxlXZi
ゲームの理論において、チェスや
将棋など、偶然に左右されない
ゲームを「二人◯◯◯◯◯◯◯◯
情報ゲーム」という?
完和全有確定零限
→零和有限確定完全
『二人「零和有限確定完全」情報ゲーム』

二人零和有限確定完全情報ゲーム(ふたり れいわ ゆうげん かくてい かんぜんじょうほう ゲーム)は、ゲーム理論によるゲームの分類のひとつである。チェス・将棋[1]・チェッカー・オセロ・石取りゲーム(ニム)・囲碁・囲連星・連珠・五目並べ・三目並べ(○×ゲーム)・マンカラなど、偶然(運)に左右されないゲームが相当する。
>二人[編集]
ゲームを行うプレーヤーが二人のゲーム。
ゲーム理論でいうプレーヤーとはゲームを行う際にゲームの着手を決定する、意思決定する主体を指す。コンピュータであっても良く、また、最終的に意思決定が一つに定まるのであれば、二人以上のチームであっても良い。
>零和[編集]
ゲーム上、プレーしている全プレーヤーの利得の合計が常にゼロ、または個々のプレーヤーの指す手の組み合わせに対する利得の合計が全て一定の数値(零和)となるゲーム。利得とはプレーヤーがゲーム終了時(あるいはターンの終了時)に獲得する状況に対する評価である。
>有限[編集]
そのゲームにおける各プレーヤーの可能な手の組み合わせの総数が有限であるゲーム。一般に各種ボードゲームやカードゲームはゲームの途中の状態が理論上有限であるため、ある状態から別の状態に変わり、そこからまた元の状態に戻るといった反復が無限に繰り返されない限り有限のゲームとなる。
>確定[編集]
プレーヤーの着手以外にゲームに影響を与える偶然の要素が入り込まないという意味。
>完全情報[編集]
「完全情報ゲーム」も参照
各プレイヤーが自分の手番において、これまでの各プレイヤーの行った選択(あるいは意思決定)について全ての情報を知ることができるゲーム。
引用元: 二人零和有限確定完全情報ゲーム – Wikipedia.