【ハーディング現象】同調行動による非合理選択【ブルース効果】妊娠中断【マンデラ効果】記憶違いの共有

新しいメスの存在が
オスの性衝動を活性化させる
ことを、あるアメリカ大統領の
名前を取って「何効果」という?
ハーディング効果

クーパー効果
クーリッジ効果(答)
ジャクソン効果
39%

生物学と心理学でいうクーリッジ効果(クーリッジこうか、英: Coolidge effect)は、哺乳類のオス(限定的だがメスの場合も)が、新しい受容可能な性的パートナーと出会うと性的欲求を回復させる現象を指し[1][2][3][4]、これは既に馴染みの性的パートナーとの性交渉が絶えた後にも起こる。

語源[編集]
「クーリッジ効果」という言葉は行動神経内分泌学者のフランク・A・ビーチが1955年に著書で言及したのが初出であり、彼の学生のうちの一人が心理学の研究会でこの言葉を提案してくれたのだという[5]。彼はこの新語の元ネタを以下に求めている[5]。

… カルビン・クーリッジが大統領だった時の古い小噺がある … 大統領とその夫人が(別々に)官営の実験農場を見学した。夫人は鶏舎に来て、雄鶏が何度も盛んに雌鶏とつがっているのを見た。夫人は随行員にその頻度を尋ねたところ「毎日、何十回とです」と聞かされ、「主人にその話をしてやってちょうだい」と言い置いた。さて大統領はその話を聞かされて尋ねた。「毎回同じ雌鶏とかい?」「ああ違います、大統領。毎回違う雌鶏とです」「家内にその話をしてやってくれ」
この小噺は、1978年の『愛の新しい見方』(エレイン・ハトフィールド、G・ウィリアム・ウォルスタ共著、75頁)に、より古い出典(第5章、脚注19)を引いて紹介されている[6]。
引用元:クーリッジ効果 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%B8%E5%8A%B9%E6%9E%9C

ブルース効果(ブルースこうか、Bruce effect)は、哺乳類のメスにおいて観察される、メスを別の新しいオスに曝露させると妊娠が中断される現象である。

概要[編集]
ブルース効果のうち、着床前の阻害(preimplantation failure)については1959年にブルース(Bruce)によって、着床後の阻害(postimplantation failure)については1990年にストレイ(Storey)とスノウ(Snow)などによって発見された。研究室レベルでは、少なくとも12種類の動物(ハツカネズミ、シロアシネズミ、ハタネズミなど)で、ある種の妊娠中断現象および妊娠阻止現象が報告されている(reviewed in Mahady and Wolff 2002)。

なお、ブルース効果は実験室外では証明されておらず、 野生のハタネズミ(grey voles)では起こらないことが報告されている (de la Maza et al. 1999)。これらのことから、ブルース効果は実験室でのみ発生するアーティファクトである可能性がある。
引用元:ブルース効果 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B9%E5%8A%B9%E6%9E%9C

ハーディング現象(はーでぃんぐげんしょう)
分類:投資理論
人間は、合理的な観点から物事の判断をしたり、自らの行動を決定するよりも、多くの人々と同じ行動をとることに安心感を抱き、周りに同調したり他人の行動に追随してしまう傾向があること。集団から外れたくないという心理から、多くの人間が非合理的な判断に基づく行動をとっていても、そのなかで自分一人が合理的な行動をとることは困難であり、自分の持っている情報を無視してでも非合理的な行動に同調してしまう結果、集団として間違った方向性にいってしまうことがある。行動経済学上において、このような群衆心理に基づく行動のことをハーディング現象と呼ぶ。

投資家によるサブプライムローン関連商品の購入が過熱化し、リーマン・ショックの原因となったことなども一種のハーディング現象とされる。
引用元:ハーディング現象|証券用語解説集|野村證券 https://www.nomura.co.jp/terms/japan/ha/A02764.html

マンデラ効果(マンデラこうか 英: Mandela Effect)とは、事実と異なる記憶を不特定多数の人が共有している現象を指すインターネットスラング、およびその原因を超常現象や陰謀論として解釈する都市伝説の総称である[2][3][4][5]。

南アフリカの指導者ネルソン・マンデラの死亡時期について誤った記憶を持つ人が大勢現れたことに由来する造語で、それ以外の事例に対しても広く用いられている[3]。ネット上では様々な空想的仮説がその原因として噂されており決定的な定説は確立されていないが、パラレルワールド間の移動を体験したことによるものとする俗説が主流となっている[4]。一方、懐疑主義の立場からは、この現象は人間の記憶の不確かさによる虚偽記憶に過ぎないとの主張が多く見られる[5]。

日本語では「マンデラ効果」と表記するのが一般的であるが[6][2][7][8]、ネット上では「マンデラ・エフェクト」または「マンデラエフェクト」という表記も一部[9]で見られる。
引用元:マンデラ効果 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%A9%E5%8A%B9%E6%9E%9C