【6】烈震【5】強震【4】中震

かつての地震の震度階級で
震度7は何といった?
激震(答)

烈震
中震
強震
58%

124AGhMwsM
013VFybpDVhyl
建物の壁や柱が破壊
ドアが開かなくなることも
立っていることが困難
ガス管や水道管が破損
震度5弱
震度6強
震度6弱(答)
震度4

連想
鉄筋コンクリートの壁に亀裂
木造建築は傾くことも
這わないと動けない
大きな地割れが生じる
震度6強(答)

連想
自動車の運転が困難になる
棚の食器類の多くが落ちる
一部の戸が外れる
自動販売機が倒れることがある
震度5強(答)

連想
不安定な家具が倒れることも
固定してない家具が移動
大半の人が恐怖を覚える
棚の食器類が落ちることも
震度5弱(答)

連想
吊り下げている物が大きく揺れる
ほとんどの人が驚く
座りの悪い置物が倒れることも
棚の食器類が音を立てる
震度4(答)
引用元:震度6弱「立っていることが困難」「ガス管が破裂」 震度6強「立っていることができない」 震度5強「恐怖を感じ行動を中断する」「棚からものが落ちてくる」 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e7%90%86%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/3432/

318QRuGfRY
次のマグニチュードの種類と
それを表す記号の
正しい組み合わせを選びなさい
表面波マグニチュード───Ms
実体波マグニチュード───mB
モーメントマグニチュード───Mw
39%
Surface wave magnitude
Body wave magnitude
Moment magnitude scale
引用元:「Ms」表面波マグニチュード「mB」実体波マグニチュード「Mw」モーメントマグニチュード | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e7%90%86%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/27947/

震度7(しんど7)とは、地震による揺れの強さを表す指標の一つであり、日本において気象庁が定める気象庁震度階級(10段階)のうち、最も階級の高いものである。1949年の導入時は激震(げきしん)の呼称が与えられていたが、1996年の震度階級改正以降、激震の呼称は廃止された[1]。

概要[編集]
気象庁は、震度7について、「立っていることができず、はわないと動くことができない。揺れにほんろうされ、動くこともできず、飛ばされることもある。」と説明した[2]。

一般に震度7の領域は、地下に断層が通っている場合、平野部や盆地に分布しやすく山地では広がりは小さい。また、震源断層の深さが20 km以深になると平野部でも震度7の揺れにはなりにくくなる傾向にある。震源近傍での振動の卓越方向は断層走行と直行する方向になる場合が多い[3]。また、地震動の上下動加速度が重力加速度を越えたと見られる現象はM7前後の地震の限られた地域で見られることがある[4]。

震度7(激震)の導入[編集]
震度7は、1949年の1月の「気象庁震度階」改訂により新たに設けられた階級である。これは、1948年の福井地震を受けて、地震による被害を震度6(当時)では適切に表現できないのではないか、という意見が出たためである。震度7は以下のように定義された。

激震. 家屋の倒壊が30%以上に及び, 山くずれ, 地割れ, 断層などを生じる.

しかし、ここで「倒壊」と「全壊」を同義語として用いる場合、「全壊」とはどういう状態か明確にする必要がある。また木造家屋の耐震性は時代と共に変化しているという問題がある[3]。

1995年の兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)で震度7が初めて適用された。
引用元:震度7 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9C%87%E5%BA%A67