【砂利茱萸】

次の文字を順に選んで
夏から秋に小さな赤い実をつける
スグリ科の植物の名前にしなさい




34%

ザリコミ
ざりこみ
[学]Ribes maximowiczianum Komar.

ユキノシタ科の落葉低木。高さ約1メートル。葉は互生し、掌状に3~5中裂する。雌雄異株。5月ころ、前年の枝の先から総状花序を出し、黄緑色花を開く。花弁、萼片(がくへん)ともに5枚、雄しべ5本、花柱は1本。果実は液果で赤く熟す。深山の林下に生え、本州、四国、朝鮮半島、中国東北部に分布。名は、砂利地に生えるグミの意であろうといわれる。[若林三千男]
引用元:ザリコミ(ざりこみ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%B6%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%9F-1541162

グミ(茱萸、胡頽子)はグミ科グミ属(学名:Elaeagnus)の植物の総称で、果実は食用になる。 なお、グミは大和言葉であり、菓子のグミ(ドイツ語でゴムを意味する”Gummi”から)とは無関係である。

概要[編集]
常緑または落葉の低木でつる性のものもある。また常緑性種は耐陰性があるが耐寒性は弱く、落葉樹性は強い。葉は互生し、葉や茎には毛が多い。また茎にはとげがある。花は両性または単性、がくは黄色で筒状、先が4裂し、雄蕊が4本つく。花弁はない。挿し木、取り木、接ぎ木などで簡単に増やせる。

虫媒花である[1]。

前年枝の節から伸びた新梢に開花結実する。開花後、萼筒の基部が果実を包んで肥厚し核果様になる。果実は楕円形で赤く熟し、渋みと酸味、かすかな甘味があって食べられる。形はサクランボに似る。リコピンを多く含むが、種によってはタンニンを含むため、渋みが強いことがある。ときおり虫が入っていることもあるので注意が必要である。
引用元:グミ (植物) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%9F_(%E6%A4%8D%E7%89%A9)

スグリ属(スグリぞく、学名:Ribes、和名漢字表記:酸塊属)はスグリ科の属の一つ。APG植物分類体系ではスグリ属だけをスグリ科として扱う。

日本の種[編集]
ヤブサンザシ Ribes fasciculatum Siebold et Zucc.
ザリコミ Ribes maximowiczianum Kom.
ヤシャビシャク Ribes ambiguum Maxim.
夜叉柄杓
コマガタケスグリ Ribes japonicum Maxim.
トガスグリ Ribes sachalinense (F.Schmidt) Nakai
トカチスグリ Ribes triste Pall.
エゾスグリ Ribes latifolium Jancz.
クロミノハスグリ Ribes horridum Rupr. ex Maxim.
スグリ Ribes sinanense F.Maek.
引用元:スグリ属 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%B0%E3%83%AA%E5%B1%9E

スグリ科(Grossulariaceae)は双子葉植物の科で、果物として利用されるスグリ属(Ribes)を含む。APG IIIではスグリ属のみ、150種ほど。

クロンキスト体系の分類[編集]
クロンキスト体系では23属300種ほどの木本を含む。日本にはスグリ属とズイナ属(Itea)が分布する。

かつてはユキノシタ科に含められていたが、ユキノシタ科はかなり異なる多数の系統からなると考えられるようになり、分離された。

近年の研究では、上記のスグリ科自体も多系統であるとされている。APG植物分類体系ではユキノシタ目のほか、ニシキギ目、モチノキ目、ナス目など様々な系統の中に分けられており、スグリ科はスグリ属だけに限定された。
引用元:スグリ科 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%B0%E3%83%AA%E7%A7%91

ユキノシタ科(ユキノシタか、Saxifragaceae)は、双子葉植物に属する科である。ユキノシタやクモマグサ、ヒマラヤユキノシタ、ネコノメソウ、チダケサシ(アスチルベ)などの草本を含む。

新エングラー体系ではアジサイ、ウツギ、スグリなど(主に木本)を含めていたが、クロンキスト体系ではこれらをアジサイ科、スグリ科として分けている。さらにAPG IIIでは、ウメバチソウをニシキギ科、タコノアシをタコノアシ科に分離している。

花は両性花で放射相称または左右相称、花弁は4または5枚で雄蕊はその2倍ある。温帯から寒帯(高山にも多い)に分布し、観賞用に(または山草として)栽培されるものもある。
引用元:ユキノシタ科 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%82%AD%E3%83%8E%E3%82%B7%E3%82%BF%E7%A7%91