【髀肉つく】

次のセミの仲間を
一般に鳴き始める時期が
早い順に選びなさい
ヒメハルゼミ
ニイニイゼミ
クマゼミ
ツクツクボウシ
53%

7~8月の早朝と夕方に
「カナカナ」と鳴くセミです
茅蜩
ひぐらし(答)
91%


セミの一種、ハルゼミは
その名の通り春に成虫になる
◯(答)
51%

キューブ
集団で合唱をするという変わった習性を持つセミ
ヒメハルゼミ(答)
姫春蟬
引用元:春蟬 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e7%90%86%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/44000/

順番に回答していきます。

①まず発生期についてです。(カッコ内は出現し始める時期)
いずれも早い順から…
ニイニイゼミとヒグラシ(6月下旬~7月上旬)
クマゼミ(7月上旬~中旬)
アブラゼミ(7月上旬~7月下旬)
ミンミンゼミ(7月中旬~下旬)
ツクツクボウシ(7月下旬~8月上旬)

これらには若干の地域差があり、ツクツクボウシは7月中旬から鳴く地域もあるようです。

次に最盛期についてです。(これにも地域差はあります)
ニイニイゼミ…7月下旬
ヒグラシ…7月下旬~8月上旬
クマゼミ…7月下旬
アブラゼミ…8月上旬~下旬
ミンミンゼミ…8月中旬~9月上旬
ツクツクボウシ…8月下旬~9月中旬

アブラゼミのピークが長いのは地域差によるいものです。
ミンミンゼミのピークは9月中旬までという地域も多いです。
引用元:クマゼミ・アブラゼミ・ミンミンゼミ・ヒグラシ・ツクツクボ… – Yahoo!知恵袋 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10134576680

ヒメハルゼミ(姫春蟬)、学名 Euterpnosia chibensis は、カメムシ目(半翅目)・セミ科に分類されるセミの一種。西日本各地の照葉樹林に生息し、集団で「合唱」することが知られる。他のセミは、生息分布域が面であるのに対し、ヒメハルゼミは点で表される。もともと、飛翔能力が短く、生活圏を広げようとしない性格に加え、生息条件が限られた貴重なセミである。

生態[編集]
生息域はシイ、カシなどからなる丘陵地や山地の照葉樹林で、人の手が入っていない森林に集団で生息する。ヒグラシと同所的に生息することもある。成虫が発生するのは6月下旬から8月上旬頃までで、他のセミより一足早く、短期集中で発生する。
引用元:ヒメハルゼミ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%A1%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%82%BC%E3%83%9F

ニイニイゼミ(学名 Platypleura kaempferi)は、カメムシ目(半翅目)・セミ科に分類されるセミの一種。日本・台湾・中国・朝鮮半島に分布する小型のセミである。

地域にもよるが、成虫は梅雨の最中の6月下旬頃から7月頃にかけて発生し、他のセミより早く鳴き始める。8月には少なくなり、9月にはあまり見られなくなる。地中から出てきた幼虫は、他のセミの幼虫と比較して割と木の根元付近で羽化する。成虫になるまでの時間が短く、羽化した日の夜のうちには飛行が可能になる。成虫はサクラの木によく集まり、人の手が届くような低い枝にもよく止まる。体の灰褐色と翅のまだら模様は樹皮に紛れる保護色となっていて、遠目には「木の幹に小さなこぶがある」ように見える。
引用元:ニイニイゼミ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%A4%E3%83%8B%E3%82%A4%E3%82%BC%E3%83%9F

クマゼミ(熊蟬)Cryptotympana facialis は、カメムシ目(半翅目)・ヨコバイ亜目(同翅亜目)・セミ科に分類されるセミの一種。分類学上、エゾゼミやコエゾゼミとはかなりの近縁である。日本特産種の大型のセミである。

生態[編集]
温暖な地域の平地や低山地に棲息し、都市部の公園や街路樹などにも多い。

成虫が発生するのは7月上旬から9月上旬くらいだが、特に7月下旬から8月上旬、大暑から立秋にかけての最も暑い頃が発生のピークである。成虫の寿命は2週間程度とされているが、大阪市立大学の調査では30日生きたメスが捕獲されたという研究結果も報告されている。
引用元:クマゼミ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%82%BC%E3%83%9F

ツクツクボウシ(つくつく法師、寒蟬、Meimuna opalifera )はカメムシ目(半翅目)・ヨコバイ亜目(同翅亜目)・セミ科に分類されるセミの一種。晩夏から初秋に発生するセミで、特徴的な鳴き声をもつ。ツクツクホーシ、オーシンツクと呼ばれることもある。

成虫は7月から発生するが、この頃はまだ数が少なく、鳴き声も他のセミにかき消されて目立たない。しかし他のセミが少なくなる8月下旬から9月上旬頃には鳴き声が際立つようになる。9月下旬にはさすがに数が少なくなるが、九州などの西南日本では10月上旬に鳴き声が聞かれることがある。なお、後述のように八丈島や岡山・長崎では7月上旬から鳴き始めることが知られている。
引用元:ツクツクボウシ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%82%AF%E3%83%84%E3%82%AF%E3%83%9C%E3%82%A6%E3%82%B7