Monkey【Lucy Wills】

欠乏すると貧血などの原因となる
ビタミンの一種「葉酸」の
別名は?
ビタミンM(答)

ビタミンJ
ビタミンN
ビタミンL
36%


次のビタミンと
人体における働きの
正しい組み合わせを選びなさい
ビタミンB6───アミノ酸の代謝
ビタミンB12───赤血球の合成
ビタミンB1───糖質の代謝
引用元:B1「糖質の代謝」B6「アミノ酸の代謝」B12「赤血球の合成」 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e7%90%86%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/35936/

019HsguZTA
米糠や酵母に多く含まられる
化学名は「チアミン」
鈴木梅太郎はオリザニンと命名
欠乏すると脚気や腱鞘炎に
ビタミンB2
ビタミンB6
ビタミンB1(答)
ビタミンB3

連想
化学名は「リボフラビン」
かつてはビタミンGと呼ばれた
欠乏すると口内炎や皮膚炎に
米糠や牛乳に多く含まれる
ビタミンB2(答)

連想
化学名は「ナイアシン」
タンパク質などの代謝に不可欠
カツオ、サバなどに多く含まれる
欠乏すると口内炎や皮膚炎に
ビタミンB3(答)

連想
米糠や卵黄に多く含まれる
化学名は「ピリドキシン」
欠乏すると口内炎や皮膚炎に
タンパク質の代謝に関与する
ビタミンB6

連想
牡蠣などに多く含まれる
化学名は「シアノコバラミン」
欠乏すると貧血に
通称は「赤いビタミン」
ビタミンB12(答)

連想
イギリスの物理学者
ビタミンB12の構造を決定
ペニシリンの構造を決定
女性初の王立協会会員
ホジキン(答)

CIMG4815
次のうち
現在「ビタミンB群」に
分類されているものを
全て選びなさい
ビタミンB2(答)
パントテン酸(ビタミンB5)(答)
葉酸(ビタミンB9)(答)
ビオチン(ビタミンB7)(答)
ナイアシン(ビタミンB3)(答)
ビタミンB6(ピリドキシン他)(答)
ビタミンB12(答)
ビタミンB4
ビタミンB17
引用元:B1「チアミン」酵母に含まれる B2「リボフラビン」牛乳 B3「ナイアシン」カツオ・サバ B6「ピリドキシン」卵黄 B12「シアノコバラミン」牡蠣 ホジキンが構造決定 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e7%90%86%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/24054/

葉酸(ようさん、英: folate)はビタミンB群の一種。ビタミンM、ビタミンB9、プテロイルグルタミン酸とも呼ばれる。栄養素のひとつ。水溶性ビタミンに分類される生理活性物質である。プテリジンにパラアミノ安息香酸と1つまたは複数のグルタミン酸が結合した構造を持つ。1941年に乳酸菌の増殖因子としてホウレンソウの葉から発見された。葉はラテン語で folium と呼ばれることから葉酸 (folic acid) と名付けられた。[2]葉酸は体内で還元を受け、ジヒドロ葉酸を経てテトラヒドロ葉酸に変換された後に補酵素としてはたらく。
引用元:葉酸 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%91%89%E9%85%B8

今回は「葉酸」についてです。
◆葉酸とは・・・
葉酸は水溶性ビタミンの 1 つであり、ビタミン B 群に分類され、補酵素とし
て働きます。1941 年にホウレンソウの葉から発見されたことから、ラテン語で「葉」を意味する『folium』をもとに、葉酸(folic acid)と名付けられました。
他に、サル(Monkey)の貧血を予防する物質としても発見されたことから「ビタミン M」、ビタミン B 群と考えられていたものの中で 9 番目に見つかったことから「ビタミン B9」、物質名から「プテロイルグルタミン酸(図 10)」と呼ばれることもあります。
引用元:hiroba01.pdf https://www.hosp.tohoku.ac.jp/pc/img/tyuuou/hiroba01.pdf

葉酸は、イギリスの研究者ルーシー・ウィルスによって発見されました。

ウィルスは、インドのボンベイで女性に見られた妊娠時の巨赤芽球性貧血の研究を行いました。

1931年には酵母エキスの中に貧血を予防する物質が含まれていることを発見し、サルの貧血予防物質として見出されたことから、サル (Monkey)の頭文字に由来してビタミンMと名付けました。

また、1941年には、ほうれんそうからも同じ物質が発見され、ラテン語で「葉」「ほうれんそう」を意味するfoliumから葉酸 (folic acid)と命名されました。名前の通り、葉野菜には葉酸が多く含まれています。
引用元:葉酸のビタミンMのMの由来は猿のMonkeyの頭文字だって! – もみじのひとり言 http://abcjapan.eek.jp/blog/2018/01/18/yousanmonkey/

Lucy Wills, LRCP (10 May 1888 – 26 April 1964) was an English haematologist and physician researcher. She conducted research in India in the late 1920s and early 1930s on macrocytic anaemia of pregnancy, a disease which is characterized by enlarged red blood cells and is life-threatening.[1]

Pregnant women in the tropics with inadequate diets are particularly susceptible. Wills discovered a nutritional factor in yeast that both prevents and cures this disorder. This component, the so-called ‘Wills Factor’, was subsequently shown to be folate, the naturally occurring form of folic acid.[1]
引用元:Lucy Wills – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Lucy_Wills

Folate, also known as vitamin B9 and folacin,[7] is one of the B vitamins.[4] Manufactured folic acid, which is converted into folate by the body, is used as a dietary supplement and in food fortification as it is more stable during processing and storage.[8] Folate is essential for the body to make DNA and RNA and metabolise amino acids, which are required for cell division.[1][9] As humans cannot make folate, it is required from the diet, making it an essential vitamin.[10] It occurs naturally in many foods.[7][1] The recommended adult daily intake of folate in the U.S. is 400 micrograms from foods or dietary supplements.[1]

Other names
FA, N-(4-{[(2-amino-4-oxo-1,4-dihydropteridin-6-yl)methyl]amino}benzoyl)-L-glutamic acid, pteroyl-L-glutamic acid, folacin, vitamin B9,[1] vitamin Bc,[2] vitamin M,[3] pteroyl-L-glutamate
引用元:Folate – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Folate#cite_note-darby1945-3

葉酸【ようさん】
化学式はC19H19N7O6。ビタミンB複合体の一つ。ビタミンM,ビタミンB(/c)とも呼ばれた。パラアミノ安息香酸にプテリンとグルタミン酸が結合したもので,水や多くの有機溶媒に難溶。酵母,糸状菌,肝臓,卵,アスパラガス,ホウレンソウなどに含まれる。核酸塩基の代謝に関係し,赤血球母細胞の成熟などに必要。また乳酸菌など微生物の増殖促進因子としても知られる。栄養失調症,悪性貧血などにビタミンB12,肝臓エキスと併用される。
引用元:葉酸(ようさん)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E8%91%89%E9%85%B8-14170

ビタミン(ヴィタミン、英語: vitamin [ˈvaɪtəmɪn, ˈvɪtəmɪn])は、生物の生存・生育に微量に必要な栄養素のうち、その生物の体内で十分な量を合成できない炭水化物・タンパク質・脂質以外の有機化合物の総称である(なお栄養素のうち無機物はミネラルである)。

生物種によってビタミンとして働く物質は異なる。たとえばアスコルビン酸はヒトにはビタミン(ビタミンC)だが、多くの生物にはビタミンではない。ヒトのビタミンは13種が認められている。

ビタミンは機能で分類され、物質名ではない。たとえばビタミンAはレチナール、レチノールなどからなる。

ビタミンはほとんどの場合、生体内で十分量合成することができないので、主に食料から摂取される(一部は腸内細菌から供給される)。ビタミンが不足すると、疾病や成長障害が起こりうる(ビタミン欠乏症)。日本では厚生労働省が日本人の食事摂取基準によって各ビタミンの指標を定めており、摂取不足の回避を目的とする3種類の指標と、過剰摂取による健康障害の回避を目的とする指標、及び生活習慣病の予防を目的とする指標から構成されている。

ビタミンの一覧[編集]
ヒトのビタミンの一覧を挙げる。ビタミンは脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンに分類される。

脂溶性ビタミン[編集]
ビタミンA: レチノール、β-カロテン、α-カロテン、β-クリプトキサンチンなど
ビタミンD: エルゴカルシフェロール、コレカルシフェロール
ビタミンE: トコフェロール、トコトリエノール
ビタミンK: フィロキノン、メナキノンの2つのナフトキノン誘導体

水溶性ビタミン[編集]
ビタミンB群
ビタミンB1: チアミン
ビタミンB2: リボフラビン。ビタミンGともいう。
ビタミンB3: ナイアシン。ビタミンPPともいう。
ビタミンB5: パントテン酸
ビタミンB6: ピリドキサール、ピリドキサミン、ピリドキシン
ビタミンB7: ビオチン。ビタミンBw、ビタミンHともいう。
ビタミンB9: 葉酸。ビタミンBc、ビタミンMともいう。
ビタミンB12: シアノコバラミン、メチルコバラミン、ヒドロキソコバラミン
ビタミンC: アスコルビン酸

以下には過去に誤ってビタミンと考えられた物質を挙げるが、俗にビタミン様物質と呼ばれているものはこれらに限らない。

ビタミンB4: アデニン
ビタミンB8: エルガデニル酸(Ergadenylic acid、アデニル酸)
ビタミンB10: 葉酸はじめ各種ビタミンB群の混合物。ビタミンRともいった。
ビタミンB11: 葉酸類似化合物。ビタミンSともいった。
ビタミンB13: オロト酸
ビタミンB14: 葉酸またはリポ酸などの混合物。
ビタミンB15: パンガミン酸(ジメチルグリシンやトリメチルグリシンなどの誘導体とされる)
ビタミンB16:
ビタミンB17: アミグダリン
ビタミンBH: イノシトール
ビタミンBP: コリン
ビタミンBT: カルニチン
ビタミンBX: パラアミノ安息香酸(葉酸の部分構造、別名:PABA)
ビタミンF: リノール酸などの必須脂肪酸
ビタミンI: 米糠の抽出物。かつてはビタミンB7とも呼ばれた。
ビタミンJ: カテコール、フラビンまたはコリン
ビタミンL1: アントラニル酸
ビタミンL2: アデニルチオメチルペントース
ビタミンN: チオクト酸(α-リポ酸)
ビタミンO: カルニチン
ビタミンP: クエルセチン、ヘスペリジン、ルチン、エリオシトリンなどのフラボノイド
ビタミンQ: ユビキノン
ビタミンS: サリチル酸
ビタミンT: テゴチン
ビタミンU: 塩化メチルメチオニンスルホニウム(キャベジンとも呼ばれる)
ビタミンV: ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド
引用元:ビタミン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3