【フクラガエル科】

地面を跳ばずに這うように
移動する、丸みを帯びた体の
アフリカに生息するカエルは
◯◯◯◯◯ガエル?
メシバドア
ラコフクー
アメフクラ(答)
11%

058oYiYpyT
次の角帯の結び方と
その名称の
正しい組み合わせを選びなさい
(画像選択肢)
A茶色の帯の画像───一文字
B緑の帯の画像───片ばさみ
CM紫の帯の画像───貝の口

線結び
次の着物の帯の結び方と名称の正しい組み合わせを選びなさい
(画像選択肢)
(黄色の帯の画像)───文庫結び
(水色の帯の画像)───ふくら雀結び
(緑色の帯の画像)───お太鼓結び
引用元:ライ線にわかbotさんはTwitterを使っています: “次の着物の帯の結び方と名称の正しい組み合わせを選びなさい A―文庫結び B―お太鼓結び C―ふくら雀結び http://t.co/3Z3G2Wy5″ https://twitter.com/raisen_bot_qma/status/302962744720760833
引用元:角帯の結び方「一文字」「片ばさみ」「貝の口」 着物「文庫結び」「ふくら雀結び」「お太鼓結び」 カーライル『衣装哲学』『シラー伝』 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/24897/

アメフクラガエル(common rain frogまたはbushveld rain frog)は、フクラガエル科のカエルである[2]。アンゴラ、ボツワナ、モザンビーク、ナミビア、南アフリカ共和国、スワジランド、ザンビア、ジンバブエで見られる。天然の生息域はサバンナや灌木地、草地、農地、牧草地、プランテーション、都市的地域等である[1]。

概要[編集]
アメフクラガエルは地下に棲息し、雨の後の夜に食事と交尾する時にのみ地上に現れる。体はずんぐりと丸く、顔は平らである。色は茶色で、一列の明るい黄橙色の斑と暗い色の横縞がある。地中に棲むカエルに共通の特長として、短く丸い四肢を持つが、後肢は鋤のような形で、地下20インチまで掘ることができる。攻撃されると、膨らんで穴の中にもぐる。メスはオスよりも大きく、そのため交尾の際にオスがメスを掴むことができず、メスは背中から糊のような分泌物を出してオスを繋ぎ留める。交尾中のつがいは地下に戻り、湿った地点に達して最適な場所を見つけると、そこでメスが卵を産む。卵が孵化すると、オタマジャクシにはならず、直接3-6 cm程度の小さなカエルになる[3][4]。

アメフクラガエルは、アフリカ南東部の温暖な森林や開けた草地に棲息する。陸生種で、雨季にのみ育つ。個体数は安定している[3]。
引用元:アメフクラガエル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%95%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%AC%E3%82%A8%E3%83%AB

フクラガエル科(Brevicipitidae)は、アフリカの東部及び南部で見られるカエルの小さな科である。2013年11月時点で、5属34種を含む[1][2]。かつてはヒメアマガエル科の亜科とされていたが、系統学的研究により、クチボソガエル科を最も近縁とする独立した科と位置付けるべきことが示された[3][4][5]。

成体のフクラガエルは、ほとんどの時間を地中や落ち葉の下で過ごすため、容易には見つからない。しかし、いくつかの種は樹上にいる時もある[6]。多くの種は雌雄で体長の差が大きく(性的二形)、メスがオスよりもかなり大きい[1]。

少なくともフクラガエル属とProbreviceps属は、卵が孵化するとオタマジャクシにはならず、直接小さなカエルになる。これは恐らく他の属でも同じである。地下の穴に、直径4-8mmの比較的大きな13-56個の卵からなる小さな卵塊を産む。いくつかの種では、雌雄どちらかが卵の近くに留まるが、フクラガエル科全体として、子育ての詳細や程度はあまり分かっていない[6]。
引用元:フクラガエル科 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%AC%E3%82%A8%E3%83%AB%E7%A7%91

ふくら [0] 【膨ら・脹▼ら】
一 ( 名 )

柔らかにふくらんでいること。また,ふくらんでいる物や部分。

物の中心の部分。中央。 「物ふかう勢の-を隠し備へし所に/太閤記」

一張りの弓の長さ。一ふくらは七尺五寸(約2.3メートル)。弓場の間(けん)数を測る時に用いる。
二 ( 形動 ) [文] ナリ
ふっくらしているさま。ふくよか。ふくらか。 「…と云ふ口許こそ-なりけれ/婦系図 鏡花」
引用元:ふくらとは何? Weblio辞書 https://www.weblio.jp/content/%E3%81%B5%E3%81%8F%E3%82%89