【パブ肘】

次の小惑星を
直径が大きな順に選びなさい
パラス
ヴェスタ
ヒギエア
ジュノー
25%

パラス[1][2] (2 Pallas) は小惑星帯最大の小惑星。以前はケレスが最大の小惑星であったが、2006年のIAU総会でケレスが準惑星に分類されたため、小惑星帯ではパラスが最大の小惑星となった。なおパラスも将来的に準惑星に分類される可能性がある。

1802年3月28日にドイツのブレーメンでハインリヒ・オルバースにより発見され、ギリシア神話に登場するトリートーンの娘パラスにちなんで命名された(ギリシア神話にはパラスという名の男性も登場するが、初期の小惑星はすべて女性名が付けられた)。
引用元:パラス (小惑星) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%A9%E3%82%B9_(%E5%B0%8F%E6%83%91%E6%98%9F)

ベスタ
Vesta

小惑星第4号。 1807年ウィルヘルム・オルバースにより発見された。直径 530km。公転周期 3.63年。衝のときの平均実視等級は 5.7等で小惑星中最も明るく,ときどき肉眼で見える。
引用元:ベスタとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%99%E3%82%B9%E3%82%BF-129369

ヒギエア[1][2][3] (10 Hygiea) は、火星と木星の間の小惑星帯(メインベルト)にある、将来的に準惑星に分類される可能性がある大型の小惑星。

1849年4月12日にイタリアの天文学者アンニーバレ・デ・ガスパリスよって発見され、ギリシア神話に登場する医神アスクレーピオスの娘で健康の女神、ヒュギエイアにちなんで名づけられた。

特徴[編集]
ヒギエアは、メインベルトの天体の中ではケレス、パラス、ベスタに次ぎ4番目の大きさである。しかし、メインベルトの外側の領域に位置する上に反射率が低いため、大きさの割には見かけの等級が暗い。そのこともあって発見はかなり遅れた。
引用元:ヒギエア (小惑星) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%82%AE%E3%82%A8%E3%82%A2_(%E5%B0%8F%E6%83%91%E6%98%9F)

ジュノー(小惑星)
じゅのー
Juno

小惑星。1804年にハーディングによって発見された第3番の小惑星。軌道の半長径2.67天文単位(3億9940万キロメートル)だが、離心率は0.257とやや大きい。軌道面の傾斜角も13.0度ある。公転周期は4.4年。衝のころの平均光度は9.7等級で、四大小惑星(ケレス、パラス、ジュノー、ベスタ)のなかでもっとも暗く、直径も247キロメートルでもっとも小さい。表面の反射能は0.151で比較的大きく、光度変化から7.2時間ほどで自転していることがわかる。なお、ケレスは2006年以降、国際天文学連合(IAU)総会で定義された準惑星となった。[村山定男]
引用元:ジュノー(じゅのー)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%8E%E3%83%BC%28%E5%B0%8F%E6%83%91%E6%98%9F%29-1549443