【フタル酸、キシレン】

次の化合物を、分子量が
大きい順に選びなさい
フタル酸
サリチル酸
キシレン
37%

024siRVwQe
アラニン
トリニトロトルエン
キシレン
トルエン
メチル基(答)
ニトロ基
ヒドロキシル基
アミノ基
30%

107GORnojZ
ピクリン酸
グリセリン
サリチル酸
フェノール
ニトロ基
メチル基
ヒドロキシル基(答)
カルボキシル基
引用元:メチル基(-CH3)「アラニン」「トリニトロトルエン」ヒドロキシル基(-OH)「ピクリン酸」「グリセリン」アミノ基(-NH2)「アラニン」「アニリン」 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e7%90%86%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/23793/


フタル酸(フタルさん、Phthalic acid)は示性式 C6H4(COOH)2 のベンゼンジカルボン酸である。狭義にはオルト体をフタル酸と呼ぶが、他異性体を含めたベンゼンジカルボン酸の総称もまたフタル酸(類)と呼称される。メタ体はイソフタル酸、パラ体はテレフタル酸とも呼ばれる。

遊離酸型のフタル酸類は一般的に、昇華性を有する無色固体で水にも有機溶媒にも溶けにくく、極性の高い有機溶媒に溶けやすいといった性質を示す。

フタル酸類は合成樹脂のモノマーとして利用されたり、特にエステル体の一部は、熱可塑性樹脂の可塑剤として30%〜70%w/wほど添加される。
引用元:フタル酸 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%BF%E3%83%AB%E9%85%B8


サリチル酸(サリチルさん、英: salicylic acid)は、ベータヒドロキシ酸(英語版)の一種の植物ホルモン。化学合成も比較的容易である。消炎鎮痛作用、皮膚の角質軟化作用があり医薬品としてはイボコロリやウオノメコロリで知られ[2]、洗顔料などにも配合される[3]。

消炎鎮痛作用があるが、サリチル酸をそのまま服用すると、消化器障害の副作用が発生しやすく、酷い場合には胃穿孔を起こして腹膜炎の原因となることがある。この問題を解決するために開発されたアセチルサリチル酸(アスピリン)に内服薬としての地位は奪われた。ただ、サリチル酸には皮膚すらも冒す作用があり、これを利用し、皮膚の角化病変に対して外用薬として使用される場合はある。
引用元:サリチル酸 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%AB%E9%85%B8


キシレン (xylene) は分子式 C8H10、示性式 C6H4(CH3)2、 分子量 106.17 の芳香族化合物で、ベンゼンの水素のうち2つをメチル基で置換したものである。キシロールとも呼ばれる。
引用元:キシレン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%AC%E3%83%B3