延性【ductile】

組織中にある黒鉛を球状にして
強度を高めた鋳鉄を
「強靭な」を意味する言葉から
◯◯◯◯◯鋳鉄という?
ダクタイル(答)
45%

ダクタイル鋳鉄(ダクタイルちゅうてつ、Ductile Iron または Ductile Cast Iron)とは、組織中のグラファイト(黒鉛)の形を球状にして強度や延性を改良した鋳鉄である。「ダクタイル」とは「延性のある」という意味の形容詞である。また、その特徴的な黒鉛の形状から球状黒鉛鋳鉄、ノデュラー鋳鉄とも呼ばれる。

概要[編集]
「鉄鋼:Iron and Steel」は炭素含有率で、鋳鉄などの「鉄:Iron」と「鋼(はがね):Steel」とに分けられる。鋳鉄(Cast Iron)は炭素含有率が高いので、鋼より溶融温度が低く鋳造しやすい。また、鋳鉄中の炭素は固まるとき膨張して、全体の体積の縮みを補う。銑鉄鋳物の歴史が紀元前まで遡るのは、これらの特性故である。ところで通常、鋳鉄が固まるとき、炭素は結晶化して裂け目状もしくはサツマイモ状のグラファイト(Graphite:石墨・黒鉛)となる。つまり、析出したグラファイトに応力が集中しやすく脆いことが、銑鉄鋳物の最大の弱点であった。

このため、白鋳鉄に焼鈍(しょうどん)を行いグラファイト組織を塊状に散在させることで強靭化する「黒心可鍛鋳鉄:鉄鋼記号 FCMB(Ferrum Casting Malleable Black)」が開発され、強靭性が求められる製品に採用されるようになった。但し黒心可鍛鋳鉄は、鋳造後に長時間の焼鈍工程を通るため、コストが割高となり、さらに肉厚製品には不適である。

1948年、H.Morrogh、W.J.Williamらが、接種法(鋳造する直前に非鉄元素を添加する方法)により、溶湯にCe(セリウム)を加えて析出するグラファイトを球状化させることに成功した。これによりグラファイトへの応力集中の度合いは最小化し、銑鉄鋳物の脆弱性を克服することができた。なお翌年には、Ceより安価なMg(マグネシウム)を添加する製造方法がA.P.Gagnebin、K.D.Millisらにより発表された。これが「ダクタイル鋳鉄:鉄鋼記号 FCD(Ferrum Casting Ductile)」である。なぜ、黒鉛が球状化するのか定説はないが、ある程度の脱酸によって発生の核を与えるものと考えられる。
引用元:ダクタイル鋳鉄 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB%E9%8B%B3%E9%89%84

FC鋳鉄・ダクタイル鋳鉄(FCD鋳鉄)とは?
鋳鉄とは鉄と炭素との合金で、炭素含有量が2%以下が鋼、2%以上の物が鋳鉄と呼ばれております。
この鋳物を破断すると、断面が灰色の為「ねずみ鋳鉄」と呼ばれております。
それは炭素含有量が2%を超えると、炭素は鉄の中に溶ける事が出来なくなる為で、その黒鉛の形状により「片状黒鉛鋳鉄」と「球状黒鉛鋳鉄」とに分類されております。

「片状黒鉛鋳鉄」は黒鉛の形状が片状の鋳物で、FC鋳鉄・普通鋳鉄とも呼ばれております。
FC200・FC250・FC300などのFC鋳鉄は、振動吸収性・切削性・耐摩耗性・熱伝導性に優れており、その特性を活かし、シリンダーブロックやピストンリング、ブレーキディスクなどの自動車をはじめとする輸送用機器部品や工作機械など、幅広い分野で使われております。

「球状黒鉛鋳鉄」は黒鉛の形状が球状の鋳物で、FCD鋳鉄・ダクタイル鋳鉄とも呼ばれております。
ダクタイル鋳鉄(FCD鋳鉄)は、FC鋳鉄に比べ強度が強いのが特徴です。それは黒鉛形状が片状よりも球状の方が割れが入りづらい為です。(ダクタイル鋳鉄は、FCD450・FCD500・FCD600・FCD700と材質記号の数字が大きくなるにつれ引張強さが高くなります。)
ダクタイル鋳鉄(FCD鋳鉄)の引張強さや伸びや衝撃特性に優れるという特性を活かし、自動車のクランクシャフトをはじめとするエンジン部品や足廻り部品、その他にも上下水道用のダクタイル鋳鉄管や建設用資材など、強度を必要とされる部品に幅広く使われております。
またハイシリコン系やニッケルを多く含んだニレジストは排気系の耐熱鋳物部品として使われております。
引用元:事業内容|FC200・FC300・ダクタイル鋳鉄は静岡県の浜北工業 http://www.hamakita.jp/pc/business.html

ductile

〔金属などが〕延性のある
〔人が〕従順な、素直な
引用元:ductileの意味・使い方|英辞郎 on the WEB:アルク https://eow.alc.co.jp/search?q=ductile