【発明】セイヴァリ【改良】ニューコメン【動力化】ワット

蒸気機関の発明者の1人
鉱山から排水するポンプを発明
イギリスの陸軍大尉
蒸気機関の特許を取得
トーマス・セイヴァリ(答)
ドニ・パパン
トーマス・ニューコメン
ジェームズ・ワット
29%

蒸気機関の発明者の1人
ホイヘンスの助手
フランスからイギリスに亡命
圧力鍋を発明
ドニ・パパン(答)

蒸気機関の発明者の1人
鉱山から排水する装置を改良
蒸気機関を商売として成功させた 
大気圧機関
トーマス・ニューコメン(答)

CIMG0830jMyGMuklEBys
次のうち、ライト兄弟以前に
飛行機の発明を試みた発明家を
全て選びなさい
トーマス・セイヴァリ  蒸気機関
ウィリアム・ヘンソン(答)
ジェームス・スターレー  自転車
ジョン・ジョセフ・モンゴメリー(答)
フレデリック・マリオット(答)
ジョン・ストリングフェロー(答)
ジョン・ケイ  飛び杼
エリアス・ハウ ミシン
引用元:飛行機発明家「ヘンソン」「ストリングフェロー」「マリオット」「モンゴメリー」 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/3356/

トーマス・セイヴァリ(Thomas Savery、1650年頃-1715年;正しくはトマス・セイヴァリ[1])は、イギリスの発明家、技術者、軍人。商業的に使用された最初の蒸気機関を発明したことで知られている。

セイヴァリ機関の建造[編集]
セイヴァリ機関は、コーンウォール州の鉱山地帯で数台建造された[11]。 最初のものはヘルストンから数 km 離れたブレッジ(Breage)の錫鉱山で建造されたものであり、当初は有効に排水を行っていた。しかし、坑道が深くなるにつれ蒸気圧を高くせざるを得なくなり、しばしば破裂事故を起こし、やがてニューコメン機関に取って代わられた。また1705年に、スタッフォード州ウェンズベリ(Wednesbury)近くのブロードウォーターの炭鉱でも、セイヴァリ機関が設置された[12]。ここは、その数年前に急な出水に見舞われて水没していたが、セイヴァリが採用したすべての方法はうまく行かず、結局、排水力を増すために蒸気の圧力を高くして大爆発を起こし、彼は撤退せざるを得なかった。

テムズ川からロンドン西部へ給水する目的で、セイヴァリはヨークビルディングに機関を建造したが、ここでも彼は成功しなかった[13]。揚水量を増すために、すべての部分を2倍の大きさにしたが、そのために多くの不具合が生じ、一つのミスが装置全体を動かなくした。彼が初期の比較的小型で単純な機関で得た信用は、後半の機関により失われていった。

結果としてセイヴァリ機関の用途は、噴水への水供給、紳士の邸への給水、および上掛け水車を動かすための揚水に限定されていた。セイヴァリ機関を改良する種々の試みが、ベンジャミン・ブラッドリー(Bradley)、ドゥニー・パパン、ジョン・デサグリエなどによりなされたが、根本的な改良は、ニューコメンの機関が現れるまでなされなかった。
引用元:トーマス・セイヴァリ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AA

トーマス(トマス[1])・ニューコメン(Thomas Newcomen、1664年2月24日 – 1729年8月5日)は、イギリスの発明家、技術者であり、鉱山の排水のために、最初の実用的な蒸気機関を建造した。その後の産業革命の動力を担った蒸気機関の実質上の発明者とされている[2]。この蒸気機関は、真空と大気圧との差だけを利用した点で、大気圧機関と呼ばれることもある。プロテスタントのバプティスト信徒であり、生涯にわたって敬虔な信者であった。

確認された肖像画は見つかっていない[3]。

金物商であったニューコメンが、どのようにしてこの機関の着想を得たのか、正確には分からない[注釈 3]。セイヴァリはダートマスから15マイル(24km)ほど離れたモッドベリー(英語版)に住んでいたため、ニューコメンとセイヴァリの間で以前から交流があったのではないかとの説もあるが、ニューコメンがセイヴァリの実験を事前に知っていた事実は確認できない。セイヴァリが「火の機関」の特許を取った頃には、ニューコメンらは蒸気機関の考案と試作を独自に行っていたとされ、後でセイヴァリの特許を知ったニューコメンは、やむなくセイヴァリの特許のもとで機関の建造に当たったと考えられている[11][12]。

特許問題[編集]
ニューコメンは実用的な蒸気機関を作ったが、既に1698年に、セイヴァリが「火力によって揚水する装置」という広い特許を保持しており、1733年まで有効とされていた。機関の原理も形式も大きく異なっていたが、セイヴァリの特許はいわば「基本特許 (master patent)」であり、ニューコメンは自身の機関をセイヴァリ機関として建造販売せざるをえなかった。

両者の接触は、セイヴァリが自身の機関の鉱山への設置を諦めた1705年頃に始まったとされる。この頃セイヴァリは、海軍省傷病者委員会収入役として定期的にダートマスの市長を訪れており、市長を介してニューコメンに会っていたと思われる。ニューコメンとセイヴァリまたはその代理人との間で、どのようなやり取りがあったか分からないが、この前後に両者の協力関係が成立し、ニューコメンにとっては、それは必ずしも不本意かつ不利益なものではなかったと考えられている。ニューコメン自身は、一切特許を取得していない[20] [21][22]。

1715年にセイヴァリは死去し、その特許は遺言により未亡人が引き継いだ。それを、ジョイント・ストック・カンパニー 「火による揚水の発明の所有者団 (Proprietors of the Invention for Raising Water by Fire)」 が、年金と引き換えに未亡人から買い取った。「所有者団」は、その後ニューコメンやその他の技術者らにより建造された全てのニューコメン機関の、建造と運転にかかわる全ての特許権を行使した。ニューコメン自身は、その初期にのみ構成員として名前が入っていた。またニューコメンの親しい友人や遠い親戚、同じバプティスト仲間も構成員に含まれていた[23][24]。
引用元:トーマス・ニューコメン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%A1%E3%83%B3

ット
産業革命期のイギリスの発明家で、1760年代に蒸気機関の改良に取り組み、1784年にピストンの上下運動を円運動に転換する装置を開発、機械動力として実用化に成功し、新たな動力源を実現、産業革命に大きな功績を残した。

 ジェームズ=ワット James Watt 1736-1819 はイギリスの産業革命を代表する発明家で、1769年に蒸気機関の改良を行い、さらに84年に汎用的な動力源として実用化するなど、数々の業績を上げた。
 イギリスでは16世紀から家庭用暖房燃料として石炭の需要が急増していたが、炭坑での排水を行うポンプの改良が待たれていた。まず1708年にニューコメンが蒸気機関の原型となる気圧機関を発明したが、1760年代までは、水をポンプで汲み出すという限られた目的で炭坑で使われているだけであった。数学器具製造業者ジェイムズ=ワットは、スコットランドのグラスゴウ大学からその模型を修理するよう依頼された。彼は気圧機関の主な欠陥が、蒸気の注入と凝縮が交互に行われることに原因しているのを知り、その改良に取り組んだ。

複動型回転式蒸気機関の発明

 ワットは試行錯誤の上、ピストンの上下運動を回転運動に転化させることに成功し、1781年に特許を取得した。これによって蒸気機関は単なるポンプから複動型で回転式の蒸気機関となり、原動機から発する動力をベルトでつなぐことで工場の機械を動かす動力に利用することができるようになった。つまり、ワットによる蒸気機関の改良によって、風力・水力・畜力・人力と言った農業社会段階の動力源に替わる、新たな動力源がえられたこととなった。機械制工場に安定した動力を提供することが可能となった。それが産業革命をさらに進展させることとなった。
引用元:ワット https://www.y-history.net/appendix/wh1101-027.html