【草笛】

次のうち
実際にある植物はどれ?
ハトノテッポウ

ツバメノテッポウ
キジノテッポウ
スズメノテッポウ(答)
45%

スズメノテッポウ(雀の鉄砲、学名:Alopecurus aequalis)とは、イネ科に属する小型の草本植物である。春の水田によく見られる細くて真っすぐな穂を一面に出すのでよく目立つ。史前帰化植物である。

利害[編集]
春の水田に出現する水田雑草として代表的なものである。特に害が論じられることもないが、役立つものでもない。しかし、穂が意外に目立つので、地味な割にはなじまれている。それに、草笛に使える。

葉鞘の部分を折り取り、中の茎を抜いて、葉身の部分を裏側を葉鞘に沿わせるように根元から折り曲げれば、薄い膜状の葉耳が突き出る。葉耳がリードの役をするので、この部分を口に収めて注意深く吹くと、ピーというような高い音が出せる。レンゲ畑での子供の遊びであった。

名前は「スズメの鉄砲」で、穂が真っすぐなところを鉄砲に見立てたものと言われる。
引用元:スズメノテッポウ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BA%E3%83%A1%E3%83%8E%E3%83%86%E3%83%83%E3%83%9D%E3%82%A6

生態
畑のまわり、道ばたや空き地などにいたるところに生育します。発生量も多く、春のイネ科雑草の代表的な害草の一つです。茎は円柱形で中空、葉は線形で先は次第にとがり柔らかく無毛です。3~5月に茎の先に円柱状に細長い淡緑色の穂を出します。秋に発芽し、越冬して翌春にかけて生育する一年生冬雑草(越年草)。

名前の由来
穂の形をスズメに使用する鉄砲になぞらえて『雀の鉄砲(スズメノテッポウ)』つけられています。

別名
スズメノマクラ、タムギ、フエフキ、フデクサ、ピーピーグサ、スズメノヤリ
引用元:スズメノテッポウの駆除方法は?|住友化学園芸の雑草ナビ https://www.sc-engei.co.jp/weed/details/1344.html