ガチョウの品種「ツールーズ種」「エムデン種」

020LwANPuKOIR
次のうち
ガチョウの品種を
全て選びなさい
プリマスロック種 ニワトリ
ツールーズ種(答)
レグホン種 ニワトリ
エムデン種(答)

ガチョウ(鵞鳥、鵝鳥、英: goose)は、カモ目カモ科ガン亜科の鳥。雁の仲間。家禽。仏名はワ(oie)。白い姿はアヒルに似ているが互いに別の種。
>粗食に耐えながらも短期間で成長し、肉質が優れ、良質な羽毛を備える。肉は食用に、また日本ではあまり食用に供されることはないが、世界的には卵も広く食用とされる。羽毛は羽根布団やダウンジャケット、バドミントンのシャトル、鵞ペンなどに用いられるが、羽毛の利用はどちらかといえば副次的なものである。
その一方で警戒心が非常に強く、見知らぬ人間や他の動物を見かけると金管楽器を鳴らしたような大声で鳴き騒ぎ、対象を追いまわし首を伸ばしてくちばしで攻撃を仕掛けることから、古来より番犬代わりとなることが知られていた。現代ではバランタイン社の醸造所を警護するスコッチ・ウォッチが有名。
>またヨーロッパ系種はフランスで品種改良が重ねられたツールーズ種と、オランダ、ドイツで品種改良が重ねられたエムデン種に大別される。特にツールーズ種は肉用としてよりも、肝臓を肥大化させたフォアグラで有名である。ヨーロッパ系種はヨーロッパとアメリカで、シナガチョウはアジア、アフリカ地域で広く一般に飼われている。
引用元: ガチョウ – Wikipedia.

ガンから作出された家禽(かきん)。シナガチョウはサカツラガンを,エムデン種(白色)およびツルーズ種(茶褐色)などヨーロッパ産のガチョウはハイイロガンを原種とする。
引用元: ガチョウとは – コトバンク.

ガチョウはガンカモ目に属し、ニワトリとならんで、最も早くから人に飼われていた家禽(かきん)です。その品種にはヨーロッパで品種改良されたものと、中国で品種改良されたものがいます。ヨーロッパで品種改良された種類は、ハイイロガンを原種としてエジプトで紀元前2800年ごろに家禽化されたもので、さらにドイツ、オランダで改良された白い体のエムデン種とフランスで改良され灰色の体をしたツールーズ種がいます。
>アヒルの品種には肉用のペキンダック、原種のマガモと同じ羽根色をした青首アヒル、アイガモとも呼ばれる最も原始的なナキアヒルなどがいるほか、主に卵を利用するカーキーキャンベル種などがいます。肉はそのまま利用することが多いのですが、卵にはアヒル独特のくさみがあるので、塩水につけた加工卵(ピータン)にされることが多いようです。
引用元: ガチョウとアヒル.