RBr【Hunsdiecker夫妻が改良】

作曲家として知られる、ロシアの
化学者ボロディンが発見した
臭化物の生成に関する反応は
◯◯◯◯◯◯◯◯反応?
スーデンィハーカ
ハンスディーカー(答)
21%

071BqJEkJA
次の文字列を組み合わせて
「ロシア5人組」に数えられる
ロシアの作曲家の名前にしなさい
ツェザーリ───キュイ
ミリイ───バラキレフ
ニコライ───リムスキー=コルサコフ

連想
「ロシア五人組」の一人
交響詩『中央アジアの草原にて』
化学者としても活動
歌劇『イーゴリ公』
ボロディン(答)

交響詩『ロシア』
ピアノ曲『イスラメイ』
交響詩『タマーラ』
「ロシア五人組」のリーダー
バラキレフ(答)

「ロシア五人組」の一人
『展覧会の絵』
『ボリス・ゴドゥノフ』
『禿山の一夜』
ムソルグスキー(答)

048aWQDSDMgpb
次の文字列を組み合わせて
「フランス6人組」に数えられる
作曲家の名前にしなさい
フランシス───プーランク
ジェルメーヌ───タイユフェール
ダリウス───ミヨー
ルイ───デュレ
アリチュール───オネゲル
ジョルジュ───オーリック
引用元:「フランス6人組」ルイ・デュレ アルチュール・オネゲル ダリウス・ミヨー ジェルメーヌ・タイユフェール フランシス・プーランク ジョルジュ・オーリック | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/9272/

ハンスディーカー反応(ハンスディーカー反応、Hunsdiecker reaction)とは、有機化学における化学反応の一種で、カルボン酸の銀塩 (RCO2Ag) に臭素 (Br2) を作用させ、有機臭素化物 (RBr) を得る反応である。ロシアのアレクサンドル・ボロディン(現在では作曲家として著名だが、本職は化学者であった)にちなみ、ボロディン反応 (Borodin reaction) とも呼ばれる[1][2][3][4][5]。
引用元:ハンスディーカー反応 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E5%8F%8D%E5%BF%9C

The Hunsdiecker reaction (also called the Borodin reaction or the Hunsdiecker–Borodin reaction) is a name reaction in organic chemistry whereby silver salts of carboxylic acids react with a halogen to produce an organic halide.[1] It is an example of both a decarboxylation and a halogenation reaction as the product has one fewer carbon atoms than the starting material (lost as carbon dioxide) and a halogen atom is introduced its place. The reaction was first demonstrated by Alexander Borodin in his 1861 reports of the preparation of methyl bromide from silver acetate.[2][3] Shortly after, the approach was applied to the degradation of fatty acids in the laboratory of Adolf Lieben.[4][5] However, it is named for Cläre Hunsdiecker and her husband Heinz Hunsdiecker, whose work in the 1930s[6][7] developed it into a general method.[1] Several reviews have been published,[8][9] and a catalytic approach has been developed.[10]

Reaction mechanism
The reaction mechanism of the Hunsdiecker reaction is believed to involve organic radical intermediates. The silver salt of the carboxylic acid 1 will quickly react with bromine to form acyl hypohalite intermediate 2. Formation of the diradical pair 3 allows for radical decarboxylation to form the diradical pair 4, which will quickly recombine to form the desired organic halide 5. The trend in the yield of the resulting halide is primary > secondary > tertiary.[8][9]
引用元:Hunsdiecker reaction – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Hunsdiecker_reaction