菊池正士きくちせいし 雲母を用いた電子線回折 渡瀬譲らの師 阪大にサイクロトロン 元日本原子力研究所長

056gYVlnxRwQt
東京都出身の物理学者
大阪大にサイクロトロンを作る
渡瀬譲らの物理学者を育てる
電子線回折に関する実験で有名
菊池正士(答)
朝永振一郎
荒勝文策
菊池泰ニ

043rTpxXsNflJ
雲母を用いて電子線回折を研究し
量子力学の発展に寄与した
東京大学原子力研究所長などを
務めた日本の物理学者は?
菊川是雄
木山英樹
亀池正人
→菊池正士
きくちせいし

菊池 正士(きくち せいし、1902年8月25日 – 1974年11月12日)は、日本の原子物理学の第一人者として知られた物理学者。元大阪大学教授。日本学士院会員。従三位勲一等瑞宝章。
>1928年に電子線回折に関する実験に成功して世界的に認められ[2]、1932年 東京大学から理学博士号 題は「Zur Theorie des Comptoneffektes(コムトン効果に就て)」 大阪帝国大学理学部教授に就任してからはサイクロトロンの建設に尽力した[1]。その後東京大学原子核研究所長[1]、日本原子力学会会長[1]、日本原子力研究所所長、東京理科大学長等を歴任した[1]。
1951年文化勲章受章[1]。1972年叙勲一等授瑞宝章。
弟子に渡瀬譲などがいる[3]。
引用元: 菊池正士 – Wikipedia.

きくち‐せいし 【菊池正士】

[1902~1974]実験物理学者。東京の生まれ。菊池大麓(だいろく)の四男。大阪大学教授。雲母を用いた電子線回折を研究し、菊池線・菊池帯とよばれる回折模様を発見。ドイツ留学後、大阪大学にサイクロトロンなどを建設。日本原子力研究所(現、日本原子力研究開発機構)理事長などを歴任。文化勲章受章。
引用元: 菊池正士とは – コトバンク.

渡瀬 譲(わたせ ゆずる、1907年6月29日 – 1978年5月17日)は日本の物理学者。宇宙線研究の草分けとして著名で、大阪市立大学学長を務めた。大阪市北区出身。
>大阪帝国大学初代総長の長岡半太郎は設立当初から物理学科を重視し、理化学研究所から菊池正士を教授として招聘。菊池研究室には後にノーベル賞を受賞した湯川秀樹を含め全国から有望な若手研究者が集まり、原子核研究のメッカとなった。
>学長時代の渡瀬は、研究者としてのみならず、1971年に発覚した大阪大学と大阪市立大学の医学部入試問題漏洩事件への真摯な対応が有名である。渡瀬は記者会見し、不正入学した学生に対し、涙を流しながら「学生諸君、私は刑吏ではない。ひとりの教育者として、君たちの良心を信じる。身に覚えがあるのなら、自ら名乗り出てほしい。ひとりの人間として自分自身で出直してほしい」と訴えかけた。結局、6人の学生が自ら名乗り出、渡瀬も「自主退学」という温情ある措置を取った。
引用元: 渡瀬譲 – Wikipedia.

荒勝 文策(あらかつ ぶんさく、1890年3月25日 – 1973年6月25日)は、日本の物理学者。京都大学名誉教授。兵庫県姫路市出身。
>専門は原子核物理学。理化学研究所の仁科芳雄、大阪帝国大学の菊池正士と共に、日本を代表する原子核物理学者であった。台北帝国大学教授時代の1933年には、アジアで初めてコッククロフトワルトン型加速器を作り、原子核人工変換の実験を成功させた。1939年には、ウランの核分裂によって新たに生じる中性子の数をカウントして、ほぼ正確な数字2.6(2009年現在では2.5とされる)を得た。ウランの原子核分裂は当時の物理学で最先端の分野で、世界中の研究者が同様の実験をしていたが、この数字は現代の目から見るともっとも優れたものであった。
引用元: 荒勝文策 – Wikipedia.