Cyphotilapia frontosa,Synodontis multipunctatus

タンザニアのタンガニーカ湖に
生息する、青や白の体に黒い縞が
あるカワスズメ科の魚は◯◯◯
◯◯◯◯◯・フロントーサ?
フキピアィォテラ
キフォティラピア(答)
26%

次の文字列を順に選んで
口内保育を行う魚シクリッドに
自らの卵を寄託する托卵を行う
魚の名前にしなさい
シノドン
ティス
ムルティプン
クタートゥス
Synodontis multipunctatus

Cyphotilapia frontosa, the frontosa, is a species of fish from the cichlid family, endemic to Lake Tanganyika in East Africa.[2]

Etymology
The genus name Cyphotilapia is composed by Cypho (from a Greek term meaning hunchback) and tilapia (translated from a local dialect word meaning fish). The specific Latin name frontosa means with a big forehead.[3]
引用元:Cyphotilapia frontosa – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Cyphotilapia_frontosa

キフォティラピア・フロントーサ(Cyphotilapia frontosa)は、スズキ目カワスズメ科に分類される魚。

分布[編集]
タンガニーカ湖固有種

形態[編集]
全長30cm。青または白の体色に5-7条のはっきりとした黒い縞が入る。地域によって縞の数や体色に変異がある。

オスの成魚は頭部にコブをもつ。

生態[編集]
稚魚は沿岸部でみられるが、成魚になると水深30-50mの岩陰などで過ごし、早朝や夕方に獲物を求めて沿岸付近へとやってくる。

食性は動物食で、小型の魚類、甲殻類、昆虫類の幼虫などを食べる。

繁殖形態は卵生。メスは口中で卵を保護する。
引用元:キフォティラピア・フロントーサ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%A9%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%B5

シノドンティスは、ナマズ目サカサナマズ科 Mochokidae に属する魚の総称。狭義には、その中のシノドンティス属 Synodontis に属するものを指す。アフリカ大陸の淡水に生息する。腹部を上にして泳ぐサカサナマズが有名。他の種も流木などに腹部を押し付ける性質をもつ。

なお、サカサナマズ科の学名として他に Synodontidae が使われることもあるが、ヒメ目エソ科も Synodontidae と称する。混同を避けるため、本稿ではサカサナマズ科を Mochokidae とした。

シノドンティス・ムルティプンクタートゥス (Synodontis multipunctatus)
多くが河川に生息するシノドンティスとしては珍しくタンガニーカ湖に生息する。マウスブルーダーのシクリッドに自らの卵を寄託する托卵を行う。引用元:シノドンティス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%8E%E3%83%89%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9