ザイツェフ則【130℃】ジエチルエーテル【160℃】エチレン

エタノールを脱水した時
130℃で生じる化合物は?
エチレン

アセチレン
ブタノール
ジエチルエーテル(答)
40%


引用元:エタノールの脱水(演示) : ジエチルエーテルとエチレンの連続合成(定番!化学実験(高校版) 11 有機化学 I (脂肪族)) https://www.jstage.jst.go.jp/article/kakyoshi/50/1/50_KJ00003522585/_article/-char/ja/

ザイツェフそく【ザイツェフ則】
脱離反応によって生成するアルケンの構造を予測する経験則。セイチェフ則Saytzeff ruleともいう。1875年,ロシアのザイツェフA.M.Zaitsev(Saytzeff)により提唱された。ハロゲン化アルキルと塩基との反応による脱ハロゲン化水素,あるいはアルコールに酸を作用させたときの分子内脱水反応において,脱離の方向に二つ以上の可能性がある場合には,置換基の最も多いアルケンが主生成物となるという規則。
引用元:ザイツェフ則とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%84%E3%82%A7%E3%83%95%E5%89%87-788902

アルコールの脱水は2種類あり
その2つは温度で
区別されます。

分子間脱水
分子間脱水は
約130℃〜140℃で脱水すると、
起ります。

超詳しいメカニズムは次のように
なります。
引用元:アルコールの脱水反応!分子間脱水と分子内脱水のメカニズム | 化学受験テクニック塾 https://xn--qck0d2a9as2853cudbqy0lc6cfz4a0e7e.xyz/organic/alchol-h2o