Battery cages

卵を生ませることだけを目的に
ぎっしり積み重ねた金属製の
ケージで雌鳥を飼う方式を
「◯◯◯◯飼育」という?
ラナクスイ
ンリターバ
バタリー(答)
29%

バタリーケージ(英: Battery cages )とは、近年の採卵養鶏業で使用されている鶏の飼養システムの一つである。「バタリー」の語源は「一連の一つの装置」の意からきており、バタリーケージとはワイヤーでできたケージを連ねて幾段にも重ね、その中に鶏を収容する近代式の集約飼育方式のことである。

バタリーケージは従来型ケージ(conventional cage)とも呼ばれる。 他の動物にも同様のケージシステムが使用されることがあるが、ここでは採卵鶏のバタリーケージについて言及する。

概要
現代の工場型畜産を代表する家畜飼育システムのひとつである。一羽当たりの飼育面積は省スペースで設定されており、日本の一般的な飼育密度は1羽あたり370㎠以上430㎠未満程度である[1]。四方と床、天井は金網で囲まれており、前面に飼槽、自動給水器(ニップル)が設置されている。卵が転がりやすいよう床には傾斜が設けられている。

バタリーケージシステムには卵の生産性を上げるというメリットがあるが、いっぽうで飼育面積は羽を広げるに満たず、巣・砂場・止まり木といった鶏の習性上必要な素材が設置されていないため、鶏は自然な行動の発現ができず、行動は極端に制限される。

バタリーケージは採卵鶏の飼養方法として世界的に主流な採卵鶏の飼養方法ではあるが、動物の権利や動物福祉の観点から論争が起こっており、ヨーロッパやアメリカの一部の州、オーストラリアなどでは平飼いや放牧システムが増えつつある[2]。
引用元:Battery hens -Bastos, Sao Paulo, Brazil-31March2007 – バタリーケージ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B8

battery

《電気》バッテリー、電池◆【同】electric battery
《軍事》砲台、砲列、砲兵隊
《軍事》集中砲火◆【同】barrage ; barrage fire
《野球》バッテリー◆投手と捕手
〔砲列に似た〕一続きのもの、〔圧倒的な〕集団
殴打、強く何度もたたくこと
《法律》暴行(罪)
《音楽》〔オーケストラの〕打楽器部
〈英〉〔養鶏場などの〕一続きのケージ[鶏舎]、バタリー
《心理学》バッテリー◆人の行動・能力・知能などを調べる一連の試験。
〔銅製の台所用具などの〕打ち出し細工品
引用元:batteryの意味・使い方|英辞郎 on the WEB:アルク https://eow.alc.co.jp/search?q=battery