Transiting Exoplanet Survey Satellite

太陽系外惑星を探索するために
2018年に打ち上げられた
NASAのトランジット系外惑星
探索衛星の略称は?
SSTE
TESS(答)
-%


地球と内惑星が、太陽を挟んで
一直線上にある状態のことを
何という?
外合(答)がいごう
衝 しょう
内合 ないごう
留 りゅう
21%

四択
地球と太陽が、内惑星を挟んで
一直線上にある状態のことを
何という?
内合(答)

四択
外惑星や月が地球をはさんで太陽と反対の方向、つまり太陽から180度離れた位置にくることを何という?
衝(答)

四択
惑星の順行と逆行が移り変わる時に一時停止して見えることを何という?
留(答)
引用元:外合「内惑星-太陽-地球」内合「太陽-内惑星-地球」衝「太陽-地球-外惑星」留「方向転換時の一時停止」 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e7%90%86%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/34626/

トランジット系外惑星探索衛星[2](英語: Transiting Exoplanet Survey Satellite, TESS)は、トランジット法を用いて太陽系外惑星を探索するために設計された、アメリカ航空宇宙局のエクスプローラー計画で計画される宇宙望遠鏡である。マサチューセッツ工科大学がGoogleの基金を受けて設計し[3]、2011年2月に42者から提出された提案から、同年9月に絞られた11提案の中に残った[4]。2013年4月5日、TESSとNeutron star Interior Composition ExploreR (NICER) が2017年の打上げに選ばれたことが発表された[5][6]。打ち上げは2018年4月18日に行われた[1]。
引用元:トランジット系外惑星探索衛星 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%83%E3%83%88%E7%B3%BB%E5%A4%96%E6%83%91%E6%98%9F%E6%8E%A2%E7%B4%A2%E8%A1%9B%E6%98%9F

トランジット法
とらんじっとほう
transit method

系外惑星の主星(または中心星、系外惑星が公転する恒星など)の前面を系外惑星が横切るときの光度変化を検出して、系外惑星を発見する方法。食検出法ともいう。観測中に主星の前面を惑星がうまく横切ることはまれであるが、光度変化(減光比)から主星との面積比が推定できる。また、減光の周期がわかれば、惑星の公転周期も推定できる。同様に、恒星の半径から惑星の半径が、恒星の質量からは惑星の質量がそれぞれ推定できる。惑星が恒星を横切る際に恒星の光が惑星の大気を通過するため、その分光観測により、惑星の大気の成分を分析する研究も進んでいる。[編集部]
引用元:トランジット法(とらんじっとほう)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%83%E3%83%88%E6%B3%95-1612664

 トランジット法は、惑星が主星の前を通り過ぎる(トランジットする)現象を観測する方法です。系外惑星の中で、このように主星の前をトランジットする、すなわち食を起こすような公転軌道をもつ惑星のことを「トランジット惑星」と呼びます。

 トランジット惑星が食を起こす際には、惑星が主星の一部を隠すため、主星がわずかに減光して観測されます。惑星がトランジットをする際に主星の明るさをモニターすると、図2のような明るさの変化(光度曲線)が見られます。このデータを解析すると、減光の深さから主星と惑星の半径比、減光の継続時間から惑星の軌道傾斜角と主星の密度などを求めることができます。さらにこれらの情報を視線速度法から得られた惑星の質量の情報と合わせると、惑星の密度を調べることができ、そのトランジット惑星が主にガスでできているのか、岩石のように密度の大きな物質でできているのかなどを調べることができます。

(中略)

さて、トランジット法では既に1000個以上のトランジット惑星が発見されていますが、なぜさらに新しいトランジット惑星を探す必要があるのでしょうか? 

 その答えは、これまでのトランジットサーベイが、太陽系から比較的離れた恒星(典型的に100光年以遠)のまわりの惑星を探していたため、太陽系に近い恒星を公転するトランジット惑星がまだあまり発見されていないためです。今後は太陽系に近いところにたくさん存在している約4000K以下の低温度星(太陽はおよそ5778K)のまわりでトランジット惑星探しが行われて行きます。そのように太陽系に近いところにある主星のまわりのトランジット惑星は、将来高精度な惑星の性質調査を行う絶好のターゲットとなります。特に2017年に打ち上げられる予定のトランジットサーベイ衛星TESSでは、太陽系の近くにある低温度星のまわりで生命居住可能領域にある惑星を発見できると期待されています。そのような惑星の詳細なフォローアップ観測は、これからの天文学のとても面白い研究テーマとなるでしょう。

文責: 成田憲保(国立天文台)
引用元:太陽系外惑星に名前をつけましょう! トランジット法 https://tenkyo.net/exoplanets/wg/discovery3.html