Alfred Lotka,Vito Volterra【KEYTALK】

アメリカとイタリアの学者の名前
がつけられた、捕食者と被食者の
個体数増殖速度を表した式は
◯◯◯◯◯◯◯◯◯の方程式?
ヴラルトカォ・ロテ
ロトカ・ヴォルテラ(答)
11%

ロトカ・ヴォルテラの方程式(ロトカ・ヴォルテラのほうていしき、英語:Lotka-Volterra equations)とは、生物の捕食-被食関係による個体数の変動を表現する数理モデルの一種。2種の個体群が存在し、片方が捕食者、もう片方が被食者のとき、それぞれの個体数増殖速度を二元連立非線形常微分方程式系で表現する。ロトカ・ヴォルテラの捕食式やロトカ・ヴォルテラ捕食系、ロトカ-ヴォルテラの捕食者-被食者モデルなどとも呼ばれる[1][2][3]。

被食者と捕食者の個体数変動パターンの一つの例として、被食者が自然増殖して増えていくとそれを餌とする捕食者も増殖し、捕食者が増殖したことによって被食頻度が増えて被食者が減少し、被食者が減少したことによってそれを餌とする捕食者も減少し、捕食者が減少したことによって被食者の自然増殖数が被食頻度を上回って被食者が増え、そして最初に戻り…、このような形で被食者と捕食者が交互に増減し続けることが考えられる[1][5]。ロトカ・ヴォルテラの方程式は、このような個体数の周期的な増減の様子を示すことができる簡素で基礎的なモデルとなっている[6]。

名称は、この方程式をそれぞれ独立発案したアメリカの数学者アルフレッド・ロトカとイタリアの数学者ヴィト・ヴォルテラに由来する[7]。ロトカは1910年に化学物質濃度の変動を説明するために[8][9]、ヴォルテラは1926年にアドリア海の魚数の変動を説明するために発案した[10]。
引用元:ロトカ・ヴォルテラの方程式 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%88%E3%82%AB%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%86%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%96%B9%E7%A8%8B%E5%BC%8F

アルフレッド・ジェームズ ロトカ
Alfred James Lotka

1880.3.2 – 1949.12.5
米国の統計学者,物理化学者,数理生物学者。
オーストリア生まれ。
欧州で教育を受けた後、渡米する。ジョンズ・ホプキンズ大学、化学工業会社、アメリカ特許局、1924年統計コンサルタントとして入社したメトロポリタン生命保険会社において人口動態の統計的研究を行う。物理生物学・数理生物学の古典として有名な著書「物理生物学原理」(’25年)で、補食者と被食者の量的関係を示す微分方程式を示し、個体群生態学の数学モデルとして著名となる
引用元:アルフレッド・ジェームズ ロトカとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%BA%20%E3%83%AD%E3%83%88%E3%82%AB-1636267

ヴィト・ヴォルテラ(Vito Volterra、1860年5月3日 – 1940年10月11日) は、イタリアの数学者、物理学者である。数学の分野では解析学に多くの業績を残し積分方程式にヴォルテラ方程式の名が残っている他、結晶の転位の概念を導入し、生態学に数学の手法を用いて競争のある環境での生物の個体数を解析するロトカ=ヴォルテラの方程式などに名前を残している。
引用元:ヴィト・ヴォルテラ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%86%E3%83%A9

「ロトカ・ヴォルテラ」は、KEYTALKの楽曲で、メジャー13枚目(通算16枚目)のシングル。2018年1月24日にGetting Betterから発売された。
引用元:ロトカ・ヴォルテラ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%88%E3%82%AB%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%86%E3%83%A9