【ぼくれつ】鶩列【かけいやぼく】家鶏野鶩

ルーアン、エールズベリー、
アオクビなどの種類がいる鳥

アヒル(答)
36%

アヒル
あひる / 鶩・家鴨
duck
[学]Anas platyrhyncha var. domestica
鳥綱カモ目カモ科の鳥。マガモを家畜化したもの。家畜化の時期はニワトリよりも新しく、古代インド、ギリシアおよびエジプトにも家畜化を示す史実はない。中国ではヨーロッパより早く家畜化されたといわれるが、それを証明する考古学上の資料を欠いている。日本では平安時代の『源氏物語』に出ている「かりの子」はアヒルの卵をさすという考えもあるが、アヒルが広く飼われるようになったのは江戸時代で、宮崎安貞(みやざきやすさだ)著『農業全書』(1697)にアヒルの飼育法と年産卵数150~160個が記されている。原生種のマガモの雄の体重は1.6キログラムしかないが、肉用アヒルは4キログラム以上に大形化している。羽色と体形の変異はニワトリほど多種多様ではない。マガモの雄は頭頸(とうけい)部と翼鏡という翼の一部が濃緑色で、頸(くび)の付け根の近くに白輪があり、背と胸が褐色を帯び、ほかは暗灰色である。尾羽のなかで中央の2対は先端が巻き上がり、この特徴は雄アヒルにも残っている。雌は全身が縦縞(たてじま)のあるじみな褐色である。このマガモの野生色を残しているアヒルはルーアン、アオクビ、アイガモで、カーキーキャンベルにもその傾向がみられる。アヒルは用途によって肉用種と卵用種に分けられる。[西田隆雄]

ペキン、ルーアン、エールズベリーがこれに属し、雄の成体重は4キログラムを超える大形種である。ペキンは中国北部でつくりだされた白色種で、ペキンダックとしてイギリス、アメリカで改良された早熟性の肉用種であるが、年150~200個の高産卵能力があり、産卵用としても価値が高く、世界でもっとも多く飼われている。ルーアンはマガモと同じ羽色を残し、北フランスのノルマンディー地方で家畜化された。性質は温順で飼いやすいが晩熟といわれる。エールズベリーはイギリスの同名地方でつくりだされた早肥、早熟性の白色肉用種である。アオクビ(青首)種は日本で古くから飼われているマガモと同じ羽色の肉用種であるが、起源は不明である。関東アヒルはその改良されたものである。大阪アヒルはアオクビと同じ系統であるが、江戸時代に白色に改良され、以後ペキンと交雑され今日に至っている。以上の日本の3種のアヒルは現在ほとんどペキンダックに置き換えられている。[西田隆雄]
引用元:アヒルとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%A2%E3%83%92%E3%83%AB-761139

「鶩」の部首・画数・読み方・意味など
部首 鳥 (とり・とりへん)
画数 20画
音読み ブ
ボク
訓読み あひる
意味 あひる。飼いならしたかも。
引用元:「鶩」の部首・画数・読み方・意味など https://kanji.jitenon.jp/kanjih/3825.html

ぼくれつ

鶩列
鶩列の画像
音読み。

「鶩」は、カモ科の鳥、家鴨(あひる)。行儀よく並ぶこと。
引用元:鶩列 (ぼくれつ) – 関心空間 http://d-fantasy.sakura.ne.jp/Kanshin_Archive/www.kanshin.com/keyword/1015423/HPC-index.html

「家鶏野鶩」について
読み方 かけいやぼく
意味 古いものを嫌って新しいものを好むこと。
家で飼っている鶏を嫌って、野性のあひるを好むという意味から。
中国の晋の時代の書家のユ翼は、世間の評判が書家の王羲之に集まることに嘆いたという故事から。
「家鶏を厭い、野鶩を愛す」とも書く。
「家鷄野鶩」とも書く。
引用元:「家鶏野鶩」(かけいやぼく)の意味 https://yoji.jitenon.jp/yojih/3593.html