【膜貫通糖タンパク質】glycoprotein nonmetastatic melanoma protein B

2012年8月に岐阜薬科大学などの
研究グループが「筋萎縮性側索
硬化症の進行を遅らせる働きが
ある」と発表した遺伝子は?
NBGPM
GPNMB(答)
15%

128DZJTsFCRfJ
1961年、遺伝子の発現に関する
「オペロン説」を発表した
生理学者の名前をファミリー
ネームで1つ答えなさい
モノー(答)
ジャコブ(答)
引用元:フランソワ・「ジャコブ」 ジャック・「モノー」 遺伝子の発現「オペロン説」でノーベル賞 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e7%90%86%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/11202/

023nNBzutRjop
ヒトの細胞にも存在する
発がん遺伝子
オンコジーン
oncogene
引用元:「オンコジーン」Oncogene 発癌遺伝子 腫瘍遺伝子 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e7%90%86%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/9154/

全身の筋力が低下する神経難病、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の進行を制御する新たなたんぱく質を岐阜薬科大(岐阜市)の原英彰教授(薬効解析学)らの研究グループが特定し、13日、英科学誌電子版に発表した。

原教授によると、ALSの発症メカニズムの解明や新薬開発の手掛かりになるほか、早期診断が期待できるという。

研究グループは、マウスを用いた実験や患者の血清などの調査から、ALSの要因に「膜貫通糖たんぱく質nmb」(GPNMB)と呼ばれる遺伝子が大きく関わっていることを発見した。
引用元:ALSの進行抑えるタンパク質 岐阜薬科大のグループ  :日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1300T_T10C12A8CR0000/

膜貫通糖タンパク質 GPNMB の ALS 病態に対する
神経保護因子としての可能性
田中彦孝, 鶴間一寛, 嶋澤雅光, 原英彰*

要約:筋萎縮性側索硬化症 (ALS) は上位および下位運動ニューロンが選択的かつ進行性に変性、脱落する重篤な指定神経難病である。長年、ALS に対する精力的な研究が行われてきたが、現時点で ALS 病態の原因は不明である。本試験において、変異 Cu/Zn superoxide dismutase (SOD1G93A) 発現 ALS モデルマウスを用いた DNA マイクロアレイ解析を実施したところ、glycoprotein nonmetastatic melanoma protein B (GPNMB) が新規 ALS 病態関連因子として同定された。ALS 患者および ALS モデルマウス脊髄において病態の進行に伴う GPNMB の顕著な増加が認められた。また、GPNMB の発現は、運動ニューロンおよびアストロサイトにおいて認められた。さらに、運動ニューロン様細胞である NSC34 細胞株を用いた検討により、SOD1G93Aが GPNMB と結合し GPNMBの糖鎖修飾を阻害することで運動ニューロンの脆弱性が亢進した。
一方、活性化したアストロサイトでは、GPNMB 細胞外断片の分泌が認められ、その結果運動ニューロンに対する SOD1G93A毒性を減弱させた。さらに、ALS 患者血清中の GPNMB 量は、コントロール群および他の中枢神経変性疾患群に比べ高値を示した。以上より、GPNMB は、ALS の有用な治療標的となる可能性が示唆された。
索引用語:筋萎縮性側索硬化症、膜貫通糖タンパク質 GPNMB、運動ニューロン死

The Potential of GPNMB as a Novel Neuroprotective Factor
in Amyotrophic Lateral Sclerosis
Hirotaka TANAKA, Kazuhiro TSURUMA, Masamitsu SHIMAZAWA, Hideaki HARA*

Abstract: Amyotrophic lateral sclerosis (ALS) is an incurable and fatal neurodegenerative disease characterized by the loss of motorneurons. Despite substantial research, the causes of ALS remain unclear. Glycoprotein nonmetastatic melanoma protein B (GPNMB)was identified as an ALS-related factor using DNA microarray analysis with mutant superoxide dismutase (SOD1G93A) mice.
GPNMB was greatly induced in the spinal cords of ALS patients and a mouse model as the disease progressed. It was especiallyexpressed in motor neurons and astrocytes. In a NSC34 cell line, glycosylation of GPNMB was inhibited by interaction withSOD1G93A, increasing motor neuron vulnerability, whereas extracellular fragments of GPNMB secreted from activated astrocytesattenuated the neurotoxicity of SOD1G93A in neural cells. Furthermore, GPNMB expression was more substantial in the sera ofsporadic ALS patients than in other diseased patients. This study suggests that GPNMB can be a target for therapeutic intervention
for suppressing motor neuron degeneration in ALS.
Key phrases: amyotrophic lateral sclerosis, glycoprotein nonmetastatic melanoma protein B, motor neuron death
引用元:kiyouno63.pdf http://www.gifu-pu.ac.jp/wp-content/uploads/2015/02/kiyouno63.pdf