Louis Paul Cailletet

1877年、永久気体と考えられて
いた窒素、酸素ガスの液化に
成功したフランスの物理学者は
ルイ・ポール・◯◯◯◯?
パラゴーイ
テゲユンカ
カイユテ(答)
32%

カイユテ
かいゆて
Louis Paul Cailletet
(1832―1913)

フランスの物理学者、大鉄工場主。パリの鉱山学校に学び、物理学上の諸実験、気体の拡散、圧縮などについて研究した。1877年、断熱膨張による気体の温度降下を利用して、それまで永久気体とみなされていた酸素、窒素ガスの液化に成功した。1886年マティアスmile O. J. Mathias(1861―1942)とともに、平衡状態において共存している液体および蒸気の密度に関する実験を行い、液体とその飽和蒸気の密度の平均が温度の上昇とともに直線的に変化することをみいだした(カイユテ‐マティアスの法則)。[常盤野和男]
引用元:カイユテとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%A6%E3%83%86-42978

ルイ・ポール・カイユテ(Louis Paul Cailletet、1832年9月21日 – 1913年1月5日)はフランスの物理学者、発明家である。1877年に断熱膨張による低温化により気体の液化に成功した。

ブルゴーニュのシャティヨン=シュル=セーヌに生まれた。パリ国立高等鉱業学校で学んだ後、父親の鉄工所で働き、実験室を作った。気体の圧縮性に興味を持ち1877年に高圧をかけた気体を膨張させることによって温度を低下させる方法で二酸化窒素の液化に成功し、同じ年に液化酸素の液化に成功した。気体の液化は同じ1877年にスイスのラウール・ピクテも高圧をかける方法で成功している。この業績でカイユテとピクテは1878年にデービーメダルを受賞した。カイユテは1884年に科学アカデミーの会員になった。小惑星(13219)カイユテ (Cailletet)に命名された。
引用元:ルイ・ポール・カイユテ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%A6%E3%83%86