【十進正規数】チャンパーノウン定数、コープランド–エルデシュ定数

0と小数点のあとに
自然数を1から小さい順に並べた
定数を「◯◯◯◯◯◯◯◯定数」
という?
ーンチパノャウン
チャンパーノウン(答)
19%

チャンパーノウン定数(チャンパーノウンていすう、英: Champernowne constant)は、数学定数のひとつで、0 と小数点のあとに自然数を 1 から小さい順に並べた十進小数表示をもつ実数

C10 = 0.1234567891011121314151617…
である。名前の由来のデイヴィッド・チャンパーノウン(英語版) は、この数が十進正規数であることを示した経済学者である。
引用元:チャンパーノウン定数 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%8E%E3%82%A6%E3%83%B3%E5%AE%9A%E6%95%B0

コープランド–エルデシュ定数(コープランド–エルデシュていすう、英:Copeland–Erdős constant)とは、数学定数のひとつで 0.235711131719232931…、すなわち一の位が 0 で小数第1位からは素数が小さい方から順に現れる実数である。コープランドとエルデシュにちなんで命名された。
引用元:コープランド–エルデシュ定数 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E2%80%93%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%B7%E3%83%A5%E5%AE%9A%E6%95%B0