【マングース科】ミーアキャット

直立して周囲を見張る姿で
有名な、アフリカのサバンナ
に暮らすミーアキャットは
どんな動物の仲間?
イタチ

マングース(答)
リス
ネコ
26%

ミーアキャット (Suricata suricatta) は、哺乳綱食肉目マングース科スリカータ属に分類される食肉類。本種のみでスリカータ属を構成する[2]。

別名にスリカータ[3][4][5]、ミーアカット[4]がある。

分布
アンゴラ南西部、ナミビア南部および西部、ボツワナ南西部、南アフリカ共和国北部および西部[1]。

模式標本の産地(基準産地・タイプ産地・模式産地)は喜望峰[2]。

人間との関係
英名の1つであるSuricataは、南アフリカでの呼称に由来する[2]。そのもう1つであるMeerkatは、古い文献ではmierkatとされているが、これはアフリカーンス語で「シロアリ (mier)のマングース (kat)」の意で、本種が蟻塚の上で直立したりシロアリも食べることが由来と考えられている[2]。
引用元:ミーアキャット – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%88

概要
哺乳綱食肉目マングース科スリカータ属に分類される動物。1属1種。
「ミーアキャット」はオランダ語で「湖の猫」の意。サンスクリット語の「markata(猿)」からオランダ風に「meerkat」にしたという説もある。
別名スリカータ(岩の猫)。
アフリカ大陸南部のサバンナや岩石地帯に生息する。
体長25~31cm、尾長17~25cm、体重600~1000g。
背面は薄い褐色で暗褐色の横縞が入る。

地リスが掘った巣穴を拡張して巣穴として利用し、複数の家族が共に生活することもある。昼行性で日の出とともに巣穴から出て、日の入りとともに巣穴に帰る。
リーダーの雄雌のみが繁殖行動し、群れのメンバーが子育てに協力する。
尾を支えに立ち上がるのは、餌を探しに出発する前に日光浴で体温を上げるためと、天敵である猛禽の接近を見張るためである。
動物食の傾向が強い雑食性で、昆虫類、蠍、爬虫類、小動物、果実などを餌とする。
引用元:ミーアキャット (みーあきゃっと)とは【ピクシブ百科事典】 https://dic.pixiv.net/a/%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%88