旧アレカ属

ホテルのロビーなどに
よく置かれる観葉植物
アレカヤシ(答)
25%

アレカヤシ
Chrysalidocarpus lutescens; areca palm; butterfly palm

ヤシ科植物で,マダガスカル原産。かつてアレカ属に分類されたためにアレカヤシの名が定着しているが,現在の分類ではクリサリドカルプス属に含まれる。羽状葉がヤマドリの羽に似ていることから,ヤマドリヤシの和名がある。幹は叢生し,直径5~15cm,高さ7~8mに達する。幹には約 10cm間隔で,タケの節のようにみえる葉痕が残る。葉は長さ 2m前後の羽状葉。葉軸に 40~50対の小葉が並び,優美にしなる。熱帯や亜熱帯では庭園樹としてしばしば栽培される。国内では温室栽培されるほか,樹高 40cm前後から 2m程度の鉢仕立てで,観葉植物として流通する。また,生け花材料の「切り葉」としても生産されている。耐陰性が比較的強く,室内で栽培しやすい。鉢土の表面が乾いたら十分に水を与え,最低5℃以上に保つ。
引用元:アレカヤシとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AB%E3%83%A4%E3%82%B7-174920

アレカヤシ(学名:Dypsis lutescens、シノニム:Chrysalidocartpus lutescens)は、ヤシ科の植物の一種。別名ヤマドリヤシ、和名はコガネタケヤシ(黄金竹椰子)。原産国はマダガスカル、アフリカ等熱帯雨林気候地区。

特徴・生態
原種は10m以上にもなる高木。雌雄異株。樹幹は束生し、淡黄色から灰褐色で白粉をかぶり竹稈状になる。幹は時折分枝し、この部分から根を出すこともある。比較的手頃なサイズの物が国内で観葉植物として流通しており、飼育管理も容易なため、飲食店や公共施設等においてもよく見られる人気種である。約3000種程の種類があるが多くの場合名称がアレカヤシで一般認知されており、現在においてはアレカ属(Areca, 和名ビンロウ属)とは関係が無い事が判明しており、本種がアレカ属分類されていた頃の名残りである。国内にも数種が自生している。
引用元:アレカヤシ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AB%E3%83%A4%E3%82%B7

ヤシ(椰子)は、単子葉植物ヤシ目 ヤシ科に属する植物の総称である。熱帯地方を中心に亜熱帯から温帯にかけて広く分布する植物で、独特の樹型で知られている。実用価値の高いものが多い。ヤシ科は英語でパルマエ (Palmae) といい、ラテン語のpalma(掌、シュロ)の複数形に由来する[1]。基準属Arecaに基づくArecaceaeも科名として用いられる[1]。

ビンロウ属(ビンロウジュ/アレカ属) Areca – インド、スリランカ、フィリピン諸島、ソロモン諸島に約50種が分布する。属名は、インド西南部の海岸地方の俗称areecに由来する[2]。
引用元:ヤシ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%82%B7#CITEREF%E5%9C%9F%E6%A9%8B%E8%B1%8A1992

カテチューの解説
20mくらいになる単幹性のヤシですが、種子から発芽させたばかりの幼樹が出回っています。葉の落ちた後の幹には白い輪状痕が残り、幹だけ見ると竹のようですが、葉は羽状複葉でヤシの姿をしています。種子は石灰と混ぜて口中で噛み、口を真っ赤にして清涼感を楽しむ習慣が台湾以南の熱帯にあります。なお、「アレカヤシ」の名で出回るヤシはアレカ属ではなくクリサリドカルプス属で、よく似た名前の「ビロウ」はリビストナ(ビロウ)属でそれぞれ別物です。比較的成長が早い種類の為、沖縄などでも街路樹として植えられているようです。アジア、太平洋諸島の熱帯地域の住民は、水で練った石灰を若い種子にまぶし、コショウ科のキンマ(Piper betle L.)の葉で包み、口に入れて噛んでタバコに代わる嗜好品として愛用しているそうです。属名のArecaはインドのマラバルの土名であるareecに由来しています。
引用元:アレカ・カテチュー、ビンロウジュ : 観葉植物の通販 MAKIMO PLANT https://www.makimo-plant.com/modules/picturebook/index.php?content_id=21