Süssmilch『神の秩序』

「近代統計学の始祖」とされる
18世紀ドイツの統計学者は?
ーミスルヒジュ
ジュースミルヒ(答)
31%

エフェクト
統計学でデータから確率分布の母数を求めるために用いられます
最尤法
さいゆうほう(答)

070jcpbjdubkpm
次のうち、「とがめる」と
読む漢字を全て選びなさい
咎める(答)
尤める(答)
苛める いじめる
虐める いじめる
辱める はずかしめる
貶める おとしめる
59%

cimg1549wzkwzfsxrofx
『統計学が最強の学問である』
などの著書がある統計家です
西内啓
にしうちひろむ(答)

エフェクト
ジャニー喜多川の本名です
喜多川擴
きたがわひろむ(答)
引用元:とがめる「尤める」 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/29789/

ジュースミルヒ【Johann Peter Süssmilch】
1707‐67
ドイツの統計学者。ベルリンの富裕な穀物商人の家に生まれる。ベルリンの僧院やハレ大学,イェーナ大学などで,語学,神学,哲学を学んだ後,プロテスタントの牧師となる。彼の名を歴史にとどめたのは,1741年に出版された著書《出生,死亡,増殖による人類の変化を通じて示された神の秩序》(一般に《神の秩序》と略称される)によってである。この本はイギリスの政治算術学派の方法に学び,より広範なデータと一貫した方法をもって,出生,死亡の法則性を確立したものであった。
引用元:ジュースミルヒとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%83%92-77752

ヨハン・ペーター・ジュースミルヒ(ドイツ語: Johann Peter SüssmilchまたはSüβmilch、1707年9月3日 ツェーレンドルフ(英語版) – 1767年3月22日 ベルリン)はドイツのプロテスタント牧師、統計学者、人口統計学者。

作品
ジュースミルヒが1741年に書いた『神の秩序』(Die Göttliche Ordnung in den Veränderungen des menschlichen Geschlechts, aus der Geburt, dem Tode und der Fortpflanzung desselben erwiesen)は彼の最も重要な作品であり、人口統計学の歴史において先駆となる作品となった。ジュースミルヒは出生率の性別比が長期的には女性1,000対男性1,050に収束することを発見、彼はこれを神の仕業の証明として扱った。このため、ジュースミルヒは人口統計学の父の1人とされるが、彼は『神の秩序』でカスパール・ノイマン(英語版)が作成した1687年から1691年までのブレスラウにおける月間死亡率と死因データを参考にした。ジュースミルヒはまた生命表の作成にかかわった。
引用元:ヨハン・ペーター・ジュースミルヒ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%83%92