Mandevilla(Dipladenia)

サントリーの品種
サンパラソルが有名な花
マンデビラ(答)
25%

マンデビラ
Mandevilla(Dipladenia)

キョウチクトウ科マンデビラ (チリソケイ) 属の総称。メキシコからアルゼンチンにかけて約 100種が分布する。一般には旧属名のディプラデニアの名で呼ばれることが多い。葉は先のとがった卵円形で対生し,花冠は漏斗形で5裂する。半つる性で花径6~7cmのマンデビラ・サンデリ M.sanderiと,マンデビラ・アマビリス M.×amabilisの園芸品種である大輪つる性の`ローズ・ジャイアント’が,鉢植えで流通する。よく日に当てて管理し,冬期は明るい窓辺でなるべく 10℃以上に保つ。
引用元:マンデビラとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%93%E3%83%A9-175076

特徴
マンデビラは春から秋にかけて長期間開花し、夏でもよく開花します。以前は旧属名のデプラデニアの名で流通し、花が大輪でつるがよく伸びる‘ローズ・ジャイアント’と小鉢で楽しめるサンデリの2種類が主流でした。近年は品種改良が進んでさまざまな品種が登場し、人気が高まっています。花色は以前はピンクがほとんどでしたが、現在はさらに白や赤、白からピンクに変化するものなどがあります。
つる性なので、トレリスやネットなどに絡ませて緑のカーテンにしたり、あんどん仕立てなどの鉢植えとして楽しむことができます。また、つるがあまり伸びない品種を選べば、支柱なしの鉢物や花壇に利用することもできます。
近年、「サン・パラソル」シリーズが普及したことで、「サンパラソル」という呼び名でも認知されるようになってきました。
引用元:マンデビラとは – 育て方図鑑 | みんなの趣味の園芸 NHK出版 https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-122