Television Infrared Observation Satellite

地表の雲を観測することを
目的として、1960年にアメリカが
打ち上げた世界初の気象衛星は
◯◯◯◯1号?
メンラル
ヒトワン
タマロス
タイロス(答)
26%

タイロス1号(TIROS-1)はアメリカ航空宇宙局が打ち上げた人工衛星。世界初の気象衛星でもある。打ち上げは1960年4月1日、ケープカナベラル空軍基地より行われた。[1] 運用にはアメリカ国防総省も協力している。

気象観測を目的とした人工衛星としては初めてのものであり、可視光のビデオカメラが搭載されていた。104度の広角と12度の望遠カメラを搭載している。撮影画像は磁気記録装置に記録され、地上に電送された。衛星本体の形状は円筒形であり、底部にカメラを装備していた。重量は122kg。電力は太陽電池による供給である。軌道は近地点693km、遠地点750km、周期99分、軌道傾斜角48.4度である。

タイロス1号は78日間の運用により、22,952枚の映像を撮影し、ヴァンガード2号により可能性が示されていた衛星軌道からの気象観測が実現できることを示した。
引用元:タイロス1号 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%82%B91%E5%8F%B7

TIROS(Television Infrared Observation Satellite, タイロス)とは、アメリカの気象衛星プロジェクトの1つで、世界初の気象衛星タイロス1号(TIROS-1)を初号機とするシリーズ。いずれもアメリカ航空宇宙局(NASA)のロケットにより打ち上げられている。当初の計画の流れを汲むTIROS-N/NOAA計画は、現在も継続中。

名称は日本語に訳すと「テレビジョン赤外線観測衛星」で、赤外線センサの観測データをテレビジョン画像の形式で送信する衛星を意味する。

人工衛星の使用目的が主に軍用だった当時、民生用の用途を切り開いた数少ない計画であった。観測機器を打ち上げる度に、観測結果をもとに改良を重ね、最適な観測手法を見出していき、気象衛星という分野を確立した。性能が向上し、近年では地球観測衛星(EOS)としての役割も担っている。
引用元:TIROS – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/TIROS

地球観測衛星(ちきゅうかんそくえいせい、英: earth observation satellite)とは、電波、赤外線、可視光を用いて地球を観測する人工衛星。リモートセンシング衛星ともいう。

商業目的の地球観測衛星は、アメリカでは販売できる画像の解像度が50cmまでに制限されていたが、2014年6月に25cmまで制限が緩和された[1]。

特に気象観測を目的とする場合は気象衛星、軍事目的で観測するものを偵察衛星という。
引用元:地球観測衛星 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%90%83%E8%A6%B3%E6%B8%AC%E8%A1%9B%E6%98%9F

分類:人工衛星
名称:タイロス1号/TIROS 1(Television Infrared Observation Satellite-1)
小分類:地球観測衛星
開発機関・会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
運用機関・会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)/アメリカ気象局/アメリカ陸海軍
打ち上げ年月日:1960年4月1日
運用停止年月日:1960年6月4日
打ち上げ国名・機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げロケット:ソー/エイブル
打ち上げ場所:ケープカナベラル空軍基地
国際標識番号:1960002B

タイロス計画は、可視光線と赤外線のそれぞれの波長を用いたテレビ・カメラで大気層の雲の動きを観測し、地上に送りとどけて、気象予報や嵐の警戒のために役立てることを目的とした、アメリカの人工衛星計画の中でももっとも初期のものでした。
タイロス1号は、その計画で最初の実験衛星で、原始的な機構ながら、わずか78日間の運用の間に22952枚の雲の映像を地上に送信、衛星からの気象観測が有効であることを世界に立証しました。
引用元:宇宙情報センター / SPACE INFORMATION CENTER :タイロス1号 http://spaceinfo.jaxa.jp/ja/tiros1.html

世界で初めて打上げられた地球観測衛星は?
1960年4月1日にNASAが気象観測を目的として打上げた実験衛星タイロスが世界で最初の地球観測衛星です。タイロス1号は、広角と望遠の2つのテレビカメラを装備した原始的な機構の衛星でしたが、 わずか78日間の運用の間に22952枚の雲の映像を地上に送信し宇宙からの地球観測の有効性を実証しました。

日本で初めて打上げられた地球観測衛星は?
1977年7月14日に米国でデルタロケットより打上げられた気象衛星ひまわりです。その後のひまわりシリーズは種子島宇宙センターからの打上げとなり、ひまわり3、4、5号と運用が引き継がれてきました。 ひまわり5号は2003年5月22日に観測を米国の「ゴーズ9号(パシフィックゴーズ、東経155度)」にバトンタッチし、画像データ配信のため運用が続けられています。

気象衛星以外の地球観測の初めては?
1987年2月19日にN-IIロケットにより種子島宇宙センターから打上げられた”もも1号”が、日本初の地球観測衛星で海洋現象を観測しました。
もも1号には可視近赤外放射計(MESSR)、可視熱赤外放射計(VTIR)、マイクロ波放射計 (MSR) の3種類のセンサが搭載され、後継機として1990年2月7日にH-Iロケットで打上げられたもも1号-b(1996年4月25日運用終了)では、 約6年余にわたる観測運用で291,548シーンの画像を取得し、海洋現象の解明、環境観測への利用等に寄与しました。
引用元:地球観測衛星の“初めて”は? | 人工衛星Q&A | JAXA 第一宇宙技術部門 サテライトナビゲーター http://www.satnavi.jaxa.jp/basic/q_and_a/earth/a3.html