【110km】チーター【85km】プロングホーン【80km】トナカイ【70km】ダチョウ

トナカイが走る時の
最高時速は何km?
60km

40km
80km(答)
100km
42%


次のシカ科の動物と英語名の
正しい組み合わせを選びなさい
ヘラジカ───moose
ノロジカ───Roe Deer
トナカイ───reindeer
50%
引用元:moose「ヘラジカ」Roe Deer「ノロジカ」reindeer「トナカイ」 https://seethefun.net/%e7%90%86%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/33532/

Normally travelling about 19–55 km (12–34 mi) a day while migrating, the caribou can run at speeds of 60–80 km/h (37–50 mph).[2] Young caribou can already outrun an Olympic sprinter when only a day old.[92] During the spring migration smaller herds will group together to form larger herds of 50,000 to 500,000 animals, but during autumn migrations the groups become smaller and the reindeer begin to mate. During winter, reindeer travel to forested areas to forage under the snow. By spring, groups leave their winter grounds to go to the calving grounds. A reindeer can swim easily and quickly, normally at about 6.5 km/h (4 mph) but, if necessary, at 10 km/h (6 mph) and migrating herds will not hesitate to swim across a large lake or broad river.[2]
引用元:Reindeer – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Reindeer

動物の走る速度ナンバーワンはチーターであることはよく知られている。上の図のデータでは、時速115キロである。

 もっともチーターの速度が維持できるのはせいぜい数百メートルであり、長くは走れないこともよく知れている。

 速いスピードでどこまでも走れるのはエダツノレイヨウ(プロングホーン)であり、最高速度は85キロだが、「時速48キロで14分、80キロで1分7秒走り続けた記録がある」という(アネット・ティゾン&タラス・テイラー「どうぶつなんでも世界一」評論社、以下、特に断らない限り、コメントの出典は同じ。同じ資料によるどうぶつのジャンプ力のランキングについては図録4171aで紹介した)。

 ウィキペディアでは、エダツノレイヨウについてこう記されている(2019.5.26)。「走るのが速く最高時速は88kmに達し、さらに時速70km以上の速度を維持しつつ長距離を走ることができるとされ、長距離走においてはチーター以上の速さを誇る動物とされている。なお、そのチーターもかつては北アメリカにも生息していたことが判明しており、プロングホーンの足の速さはチーターから逃げる為に発達したものだという説もある。(2019年5月24日放送の『チコちゃんに叱られる!』では、世界に2番目に速い動物としてプロングホーンが取り上げられ、このチーターから逃げ切れるように脚力が発達した説が紹介された。)」
引用元:図録▽どうぶつ移動スピード・ランキング https://honkawa2.sakura.ne.jp/4171.html