アメフラシ「海虎」 通称「ピカチュウ」「ウデフリツノザヤウミウシ」雌雄同体

455RBtYYrR
458vzRVmXb


漢字で「海虎」と書きます
アメフラシ(答)
54%

959jYxanRz
このウミウシは、あるキャラに
似ていることから何と呼ばれる?
ピカチュウ(答)

069rqatlGTtCB
「ピカチュウ」の愛称を持つ
この生物は「“何”ウミウシ」?
ノウリフデヤツザ
ウデフリツノザヤ(答)
「ウデフリツノザヤウミウシ」

アメフラシ(雨降らし、雨虎、雨降)は、腹足綱後鰓類の無楯類 (Anapsidea, Aplysiomorpha) に属する軟体動物の総称。狭義には、アメフラシ科に属するアメフラシ(通称 日本種アメフラシ、学名 Aplysia kurodai Baba, 1937)を指すが、ここでは無楯類について述べる。
無楯類はギリシア語の「盾を持たない」に由来する。伝統分類では、腹足綱後鰓亜綱無楯目とされていた。現在では、腹足綱後鰓目無楯亜目とするか、後鰓類を正式な分類群として認めず、腹足綱無楯目とする。以下では便宜的に、亜目として扱う。
>地方によってはアメフラシをウミウシと呼ぶ地域もある。アメフラシの名前の由来は、アメフラシが海水中で紫色の液をだすとそれが雨雲がたちこめたように広がるからと言われる。また、雨の時に岩場に集まるからという説もある。これは、産卵のために磯に現われる時期が梅雨と重なるためではないかと考えられている。アメフラシの英名Sea hareは「海のウサギ」という意味で頭部の二本の突起をウサギの耳に見立てたもので、中国名も海兎という。ただし、腹足綱 前鰓亜綱 盤足目にウミウサギガイ科という科があり、ウミウサギガイという和名を持つ種類が存在するので、混同しないよう注意が必要である。
引用元:アメフラシ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%B7

ウデフリツノザヤウミウシ(学名Thecacera pacifica)は、フジタウミウシ科のウミウシの一種である。インド洋と西太平洋[2]およびメキシコ湾[1]に分布し、水深10メートル前後の砂底に生息する[3]。
体の大部分は橙色だが、触角の根元や背面突起、尾部には青色斑がある[3]。これらの斑は黒で縁取られ[3]、また背面の中央に見える鰓も黒い[4]。特徴的な外見から、日本のダイバーの間では「ピカチュウ」の愛称で親しまれ、ウミウシ観察を目的としたダイビングが普及するきっかけともなった[4]。
引用元: ウデフリツノザヤウミウシ – Wikipedia.

ポケットモンスター(以下、ポケモン)に登場するキャクター「ピカチュウ」がウミウシの一種である「ウデフリツノザヤウミウシ(学名:Thecacera pacifica)」に似ているとしてネット上で話題になってます。
引用元: ピカチュウが「ウデフリツノザヤウミウシ」に激似と話題 | Pouch[ポーチ].