Halicephalobus属

2011年に発見された、地下3.6km
と最も深い地中に生息する線虫は
◯◯◯◯◯◯◯◯・メフィスト?
ハフロケブスリァ
ハリケファロブス(答)
14%
Halicephalobus mephisto

順番当て
次の生物の分類単位をくくりの大きいほうから順に選びなさい
界 kingdom
門 phylum/division
綱 class
目 order
科 family
属 genus
種 species

新しい研究によると、これまでで最も深い地中に生息する“悪魔の虫”が見つかったという。 発見された線虫は、ファウストの伝説に登場する悪魔、メフィストフェレスにちなんでハリケファロブス・メフィスト(Halicephalobus mephisto)と名付けられた。この発見は、地下にこれまで知られていなかった豊かな生物圏が存在することを示唆している。

 今回の線虫は地下3.6キロの深さで発見された。これまで線虫の生息は、数十メートルの深さまでしか確認されていない。数キロの深さで知られていたのは微生物だけで、発見された体長0.5ミリの線虫は、そうした微生物をエサにしていると考えられる。
引用元:地下3.6キロに生息する線虫を発見 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/4358/?ST=news

さて、地下線虫が発見されたのは南アフリカの金鉱山の地下から。この地下圏の環境特性として、40ºC近くの高温と低濃度酸素が挙げられます。

研究者らは、ボーリングによって空けられた穴の周囲から採取した水と土砂のサンプルから3種類の生きた線虫を捕獲しました。

そのうち1種類は未記載種で、Halicephalobus mephistoと名付けられました。mephistoの名は、あのファウストに登場する悪魔の名前で、元々はギリシャ語で「光を嫌う者」という意味だそうです。論文の著者のOnstott博士は、論文タイトルを「Worms from Hell (地獄の虫)」にしたかったそうですが、Nature編集部に却下されたとか。

Halicephalobus mephistoとHalicephalobus属の他種とのDNA塩基配列の違いは8~10%で、形態的にはわずかな違いしか見られなかったとのこと。また、地下線虫を実験室に持ち帰って大腸菌と地下由来の細菌を与えたところ、地下由来の細菌を好んで食べまたそうです。これらの地下由来の細菌は、土砂の表面に付着していたもので、線虫は普段、土砂の間隙に生息していてこれらの細菌を食べていると推測されます。

Halicephalobus mephistoはMaxで41ºCの温度で生育可能。実際の生息環境の低酸素濃度を考えると線虫の代謝速度は非常に遅くなると思われるが、生育には問題ないだろうとのことです。

また、線虫が見つかった環境の水に含まれる放射性水素と放射性炭素を指標として年代測定を行ったところ、線虫は少なくとも3000〜12000年前からその場所に棲んでいたことが示唆されました。
引用元:地獄から来た悪魔の虫 – クマムシ博士のむしブロ http://horikawad.hatenadiary.com/entry/20110617/1308335348

The Rhabditidae are a family of nematodes which includes the model organism Caenorhabditis elegans.

Halicephalobus
Halicephalobus gingivalis (Stefanski, 1954) Andrássy, 1984[1]
Halicephalobus mephisto Borgonie, García-Moyano, Litthauer, Bert, Bester, van Heerden, Möller, Erasmus & Onstott, 2011 [2]
Halicephalobus similigaster (Andrássy, 1952)[3]
引用元:Rhabditidae – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Rhabditidae