きしもとただみつ岸本忠三

インターロイキン6の発見などで
名高い「免疫学の世界的権威」
岸本忠三
きしもとただみつ(答)
31%

岸本忠三
きしもとただみつ

[生]1939.5.7. 大阪
免疫学者。大阪大学卒業後アメリカへ留学,帰国後大阪大学細胞工学センター教授を経て 1995年同大学医学部長,1997年同大学学長。アメリカ留学中の 1972年,T細胞の培養液中に抗体産生を促す物質があることを発見,1986年にはこの物質が 184アミノ酸残基からなる蛋白質であることを突き止めた。のちに BFS2またはインターロイキン 6と呼ばれるこの物質が,各種免疫系の細胞で,とりわけ自己免疫疾患に関与する細胞で産生されて自己免疫反応の原因となっていることや,神経の悪性腫瘍細胞,多発性骨髄腫の細胞などでもつくられて腫瘍の増殖に関与していることなどを発見した。 1988年朝日賞,1992年サンド免疫学賞と学士院賞恩賜賞を受賞,1999年文化勲章を受章。
引用元:岸本忠三(きしもとただみつ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%B2%B8%E6%9C%AC%E5%BF%A0%E4%B8%89-176036

――二度目の「しゃあないな」は、50歳になったばかりの1989年、米ハーバード大学から「医学部の教授に」と誘いを受けた時だ。
 当時は大阪大学細胞工学センター教授で、免疫で重要な役割を果たす情報伝達分子であるサイトカイン、IL-6を、私たちのグループが1986年に世界で最初に発見していた。この研究は、世界の免疫学者から注目を集めており、非常にいい条件が提示され、声がかかった。

 1989年の夏頃、面談などで2回ボストンまで行った。面接担当は、ハーバード大学で長い間医学部長をしていた医師で、「一番大事な業績は、どれだけいい人を集めたか」というのが持論。いい人を集めれば、研究費もたくさん集まる。実際、世界中から優れた研究者を採用していた。

 その彼が言ったのは、「世界の医学部を出た優秀な学生は、1度はアメリカへ来ようと思う」「優秀な学生や医師が、日本やアジア、アラブ、ヨーロッパなど世界中から、ハーバードに来る」「そんな若者たちと、あなたは一緒に研究をするのだから、こちらに来るメリットはある」と。そう言われると、「そうかな」と思った。

 けれど、他のハーバードの同僚や知り合いの教授と話すと、「大阪におったら、岸本は1人や。しかし、ハーバードには、岸本はたくさんおる」「優秀な人が集まってきていても、“たくさんの岸本”の間で取り合いすることになるんや」と。そう言われると、「それもまたそうやな」と思う。
引用元:人生二度の「しゃあないな」で進路変更◆Vol.1|医療維新 – m3.comの医療コラム https://www.m3.com/open/iryoIshin/article/361838/