【棘】styrax

「棘のあるトカゲ」という意味の
恐竜「◯◯◯◯◯サウルス」?
スティラコ(答)
33%

スティラコサウルス (Styracosaurus) は中生代白亜紀後期カンパニアン階の北アメリカ大陸に生息していた角竜の属の一つ。

概要
スティラコサウルスは全長約5.5m、体重2.7tと推定されている[1] 。その頭骨は逞しく、鼻骨に長大な角を備えている。そして後頭部に大きなトゲ状の4つのホーンレットを有する頭頂骨と鱗状骨(フリル)を頂く。それぞれのホーンレットの長さは鼻角に迫るほどで、50~55cmに達する[2]。ホロタイプの鼻角は57cmある[3] 。ただしその角は不完全なもので、他のスティラコサウルスやセントロサウルスのものに基づいて復元された物であり、その長さの半分の部分でいくらかカーブしていたかもしれない[4]。
引用元:スティラコサウルス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%A9%E3%82%B3%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%B9

棘平類
とげひらるい

Styracosternaのこと。固親指類の一群。

名称
学名:Styracosterna Sereno 1986
和名:棘平類

 語源はstyrax+sterno.ギリシャ語のstyraxは棘、ラテン語のsternoは「ひろげる」「覆う」の意味1]。手の平の形態から、ポール・C・セレノが1986年に命名した2]。
「棘平類」は、これを意訳したもの。
引用元:新規投稿を追加 ‹ 【QMA復習】わかればいいのに — WordPress https://seethefun.net/wp-admin/post-new.php