【孔雀石】マラカイト

和名を「たんぱく石」という
宝石はオパールですが

和名を「くじゃく石」という
宝石は◯◯◯◯◯?
◯を答えなさい
マラカイト(答)
52%

孔雀石(くじゃくいし、malachite、マラカイト[1])は、緑色の単斜晶系の鉱物で、もっとも一般的な銅の二次鉱物である。

名前の由来と利用

孔雀石の名は孔雀の羽の模様に似ていることから付けられた
孔雀石の名は微結晶の集合体の縞模様が孔雀の羽の模様に似ていることに由来する。英語起源のマラカイトなど欧語表記はギリシア語(アオイ科の植物の名称)に由来する。

孔雀石は紀元前2000年ごろのエジプトですでに宝石として利用されていた。当時のエジプト人はラピスラズリ(青)や紅玉髄(赤)などと組合せ、特定のシンボルを表す装身具に用いた。現在でも、美しい塊は研磨して貴石として扱われ、アクセサリーなどの宝飾にも用いられるが、モース硬度3.5-4と柔らかい鉱物であることから、硬度7以上を定義とする宝石には合致しない。
引用元:孔雀石 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%94%E9%9B%80%E7%9F%B3

くじゃくせき【孔雀石】

塩基性炭酸銅からなる鉱物。単斜晶系に属し、孔雀の羽のような緑色の絹糸状の光沢がある。銅鉱床の酸化帯に産し、飾り石となる。日本では、岩緑青と称し、顔料として古くから用いられた。マラカイト。
引用元:孔雀石(くじゃくいし)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%AD%94%E9%9B%80%E7%9F%B3-55232