【ウラシル】C4H4N2O2【ピリミジン-2,4(1H,3H)-ジオン】

化学式C4H4N2O2で表される
RNAを構成する塩基は?
グトレラ
ウデシロ
アアリル
ウラシル(答)
46%

CIMG6087
ピリミジン-2,4(1H,3H)-ジオン
ピリミジン塩基
DNAにはほとんど存在しない
アデニンと塩基対を作る
シトシン
チミン
ウラシル(答)
アデニン

008kKmavOJ
リボソーム上でメッセンジャー
RNAの塩基配列情報に従って
アミノ酸を重合し、タンパク質が
作られる過程のことを何という?
蒸製
転着
複訳
翻訳(答)
RztoQuj
引用元:セントラルドグマ|研究用語辞典|研究.net http://www.kenq.net/dic/64.html
引用元:セントラルドグマ 「翻訳(mRNA→蛋白質)」RNAの塩基配列を元にタンパク質を合成 「転写(DNA→mRNA」DNA塩基配列をRNAへコピー 「複製(DNA→DNA)」DNAからDNAを作成 https://seethefun.net/%e7%90%86%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/22633/


化学式C5H5N5で表される核酸を構成する塩基の1つで、DNAではチミンと、RNAではウラシルと塩基対をつくるのは?
アデニン(答)

253YIWVopw
C5H5N5の不飽和度は?
数字で答えなさい
6(答)
(2C+2-H+N)/2
引用元:C5H5N5(アデニン)の不飽和度「6」 (2C+2-H+N)/2 https://seethefun.net/%e7%90%86%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/23806/

分子式C5H5N5Oで表される核酸を構成する塩基の一種で海鳥の糞の堆積物から発見されたことから名前が付けられたのは?
グアニン(答)

別名「2-アミノヒポキサンチン」
プリン塩基
DNAにもRNAにも存在
シトシンと塩基対を作る
グアニン(答)
アデニン
チミン
ウラシル
49%

化学式C4H5N3Oで表される核酸を構成する塩基の1つでDNAではグアニンと水素結合して塩基対をつくるのは?
シトシン(答)

連想
4-アミノピリミジン-2(1H)-オン
ピリミジン塩基
DNAにもRNAにも存在
グアニンと塩基対を作る
シトシン(答)

連想
6-アミノ-9H-プリン
プリン塩基
DNAにもRNAにも存在
アデノシン三リン酸の構成要素
アデニン(答)

連想
別名は「5-メチルウラシル」
ピリミジン塩基
RNAにはほとんど存在しない
アデニンと塩基対を作る
チミン(答)
引用元:【G】ヒポキサンチン【U】ピリミジン【C】アミノピリミジン【A】プリン【T】メチルウラシル https://seethefun.net/%e7%90%86%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/47615/

アールエヌエー【RNA】
リボ核酸ribonucleic acidの略記。核酸のうち糖成分がD‐リボースであるものをいう。塩基としてはアデニン,グアニン,シトシン,ウラシルの4塩基(それぞれA,G,C,Uと略す)が主成分であるが,これらのメチル誘導体などの修飾塩基を微量含むこともある。DNA上の遺伝情報に基づいてタンパク質を合成する過程で,種々の重要な役割を果たす。高等動植物からバクテリアまでのすべての細胞に存在し,その分子の種類はバクテリアについてさえ,1000種類程度は存在するが,機能的にはメッセンジャーRNA,リボソームRNA,転移RNAなどに大別できる。
引用元:RNA(アールエヌエー)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/RNA-28137