【原発事故】エンリコ・フェルミ、リュサン、スリーマイル、チェルノブイリ、福島

次の炉心融解による事故を
起こした原子力発電所を
発生したのが古い順に
選びなさい
エンリコ・フェルミ原子力発電所
リュサン原子力発電所
スリーマイル島原子力発電所
チェルノブイリ原子力発電所
福島第一原子力発電所
59%

原子力事故の一覧は、世界中の民生原子力事故の一覧である。したがって、軍事活動による事故は除外する。「INESレベル」は1990年から試験運用が始まった国際原子力事象評価尺度を意味する。「レベル?」は不詳。

1966年10月5日 エンリコ・フェルミ炉炉心溶融(アメリカ合衆国、ミシガン州)/INESレベル?

1969年1月21日 実験炉の爆発事故(スイス、ヴォー州)/INESレベル?

1979年3月28日 スリーマイル島原子力発電所事故(アメリカ合衆国、ペンシルベニア州)/INESレベル5

1986年4月26日 チェルノブイリ原子力発電所事故(ソ連(現ウクライナ)、キエフ州)/INESレベル7

2011年3月11日 福島第一原子力発電所事故(日本、福島県)/INESレベル7
引用元:原子力事故の一覧 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E4%BA%8B%E6%95%85%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7

エンリコ・フェルミ炉(エンリコフェルミろ)またはエンリコ・フェルミ高速増殖炉(エンリコフェルミぞうしょくろ、英語:Enrico Fermi Fast Breeder Reactor)は、アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト郊外モンロー郡フレンチタウン郡にあるエンリコ・フェルミ原子力発電所 (en:Enrico Fermi Nuclear Generating Station) 内にあった高速増殖炉試験炉である[1]。

事故
1966年10月5日に炉心溶融を起こした。事故の原因は、炉内の流路に張り付けた耐熱板が剥がれて冷却材の流路を閉塞したためである[4][5]。

原子炉の炉心溶融事故が実際に発生した最初の例とされているが、制御棒がただちに挿入されたことによって大事には至らず、放射性物質の大気放出も無かった。

その後、蒸気発生器では伝熱管破損および溶接不良によるトラブルが発生していたことがわかった。
引用元:エンリコ・フェルミ炉 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%9F%E7%82%89

History
Lucens is first mentioned in 964 as in villa Losingus. It was formerly known by the German name Losingen.[4]

In 1969 the Lucens reactor, an underground nuclear reactor, began operations. It was a pilot project to test a heavy-water moderated, carbon dioxide gas-cooled reactor. Soon after the initial start up, an undetected blockage in one of the cooling pipes led to a partial fuel meltdown and massive radioactive contamination of the underground site.[5] Following the accident, the reactor was decommissioned and the cavern was then sealed. No humans were irradiated in the accident.
引用元:Lucens – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Lucens

スリーマイル島原子力発電所事故(スリーマイルとうげんしりょくはつでんしょじこ、英: Three Mile Island accident)は、1979年3月28日、アメリカ合衆国東北部ペンシルベニア州のスリーマイル島原子力発電所で発生した重大な原子力事故。スリーマイル島 (Three Mile Island) の頭文字をとってTMI事故とも略称される。原子炉冷却材喪失事故 (Loss Of Coolant Accident, LOCA) に分類され、想定された事故の規模を上回る過酷事故 (Severe Accident) である。国際原子力事象評価尺度 (INES) においてレベル5の事例である。
引用元:スリーマイル島原子力発電所事故 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%AB%E5%B3%B6%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80%E4%BA%8B%E6%95%85

チェルノブイリ原子力発電所事故(チェルノブイリげんしりょくはつでんしょじこ)は、1986年4月26日1時23分(モスクワ時間 ※UTC+3)にソビエト連邦(現:ウクライナ)のチェルノブイリ原子力発電所4号炉で起きた原子力事故。後に決められた国際原子力事象評価尺度 (INES) において最悪のレベル7(深刻な事故)に分類され、世界で最悪の原子力発電所事故の一つである。チェルノブイリ事故とも[1]。

この事故は、原子炉運用ルールの不徹底に始まり、行政当局による事故の隠蔽や、高レベル放射線により遠隔操作の機械が急激に大破・故障し、原子炉の暴走を食い止めるために数多くの人員が投入された事などが原因となり、人的被害は人類史上最悪となった。現在に至るまで、原子力事故の典型例として、各種メディアで頻繁に引用されている事故である。
引用元:チェルノブイリ原子力発電所事故 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%96%E3%82%A4%E3%83%AA%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80%E4%BA%8B%E6%95%85

福島第一原子力発電所事故(ふくしまだいいちげんしりょくはつでんしょじこ)は、2011年(平成23年)3月11日の東北地方太平洋沖地震による地震動と津波の影響により、東京電力の福島第一原子力発電所で発生した炉心溶融(メルトダウン)など一連の放射性物質の放出を伴った原子力事故である。国際原子力事象評価尺度 (INES) において最悪のレベル7(深刻な事故)に分類される。2015年(平成27年)3月現在、炉内燃料のほぼ全量が溶解している[4]。東日本大震災の一環として扱われる[5]。
引用元:福島第一原子力発電所事故 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E7%AC%AC%E4%B8%80%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80%E4%BA%8B%E6%95%85