【G】ヒポキサンチン【U】ピリミジン【C】アミノピリミジン【A】プリン【T】メチルウラシル

別名「2-アミノヒポキサンチン」
プリン塩基
DNAにもRNAにも存在
シトシンと塩基対を作る
グアニン(答)
アデニン
チミン
ウラシル
49%

CIMG6087
ピリミジン-2,4(1H,3H)-ジオン
ピリミジン塩基
DNAにはほとんど存在しない
アデニンと塩基対を作る
シトシン
チミン
ウラシル(答)
アデニン


4-アミノピリミジン-2(1H)-オン
ピリミジン塩基
DNAにもRNAにも存在
グアニンと塩基対を作る
シトシン(答)

連想
6-アミノ-9H-プリン
プリン塩基
DNAにもRNAにも存在
アデノシン三リン酸の構成要素
アデニン(答)

連想
別名は「5-メチルウラシル」
ピリミジン塩基
RNAにはほとんど存在しない
アデニンと塩基対を作る
チミン(答)
引用元:SI基本単位数「7」 必須アミノ酸数「9」『風呂場椅子独り占め』 最小半素数(2つの素数の積)「4」 「ウラシル」ピリミジン-2,4(1H,3H)-ジオン DNAにはほぼない https://seethefun.net/%e7%90%86%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/19705/


マニキュアや口紅の
パールの原料となる
海の生き物は?
クラゲ
タチウオ(答)
キンメダイ
フジツボ
25%
引用元:「タチウオ」模造真珠 https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/39887/

グアニン
guanine

C5H5N5O 。2-アミノ-6-オキシプリン。核酸の構成成分であるプリン塩基の一つ。海鳥の糞の堆積物グアノの中にカルシウム塩として多量に含まれていることからこの名がある。弱塩基性結晶。分解点 365℃。水には溶けにくいが酸や塩基にはよく溶ける。塩酸の作用でヒポキサンチンとなる。
引用元:グアニンとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%B0%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%B3-54647

グアニン (guanine) は分子式が C5H5N5O の、核酸を構成する5種類の主な塩基のうちのひとつ。プリン塩基である。分子量は 151.13。グアニンから誘導されるヌクレオシドはグアノシン。

右図の構造に対応するIUPAC名は 2-アミノ-1,9-ジヒドロ-6H-プリン-6-オン (2-amino-1,9-dihydro-6H-purin-6-one) であるが、ほかに互変異性として、1,7-、3,7-、3,9-ジヒドロ体をとることができる。

DNA、あるいはRNAの二重鎖構造の中ではシトシンと3本の水素結合を介して塩基対を作っている。

サケ科やタチウオ、サンマ等の魚類の銀白色部位を構成する主要成分でもある。名称の由来は、海鳥の糞の堆積物(グアノ)中から発見されたことによる。
引用元:グアニン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%B3