「ワライ」カワセミ

オーストラリアに生息して
いる世界最大のカワセミは
◯◯◯カワセミ?
◯を答えなさい
ワライ(答)
66%

ライカワセミ
Dacelo novaeguineae; laughing kookaburra

ブッポウソウ目カワセミ科。全長 39~45cm。頭部は大きく,くすんだ白色で,褐色部位か斑が混じる。過眼線は暗褐色で耳羽まで及ぶ。胸と腹はくすんだ白色で,薄い褐色の横縞模様がある。背と翼上面は灰黒色で,雨覆と腰は青灰色の各羽毛が白色で縁どられて鱗模様をつくっている。尾羽は赤褐色で,黒褐色の横帯があり,先端が白い。嘴は太く,上が黒,下が象牙色である。脚は灰色。開けたユーカリの林や林縁,河畔林,樹木の残る農地,公園などに生息し,トカゲ,ヘビ,カエル,昆虫類,鳥などを食べる。「くぅーふぅーふぅーふぅーふぅーふぅー,は,は,は,は」と聞こえる,人の笑い声に似た特異な声で鳴くことからその名がある。元来の分布はオーストラリア東部一帯だが,オーストラリア西南部,カンガルー島,タスマニア島,ニュージーランドなどに移入されている。
引用元:ワライカワセミとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%82%BB%E3%83%9F-154314