【人体】O,C,H,N

人体の質量のうち
最も多くを占める元素は
酸素である
◯(答)
44%

元素構成比(げんそこうせいひ)とは、対象になるものの中にどの元素がどれほど含まれているかを表示するものである。

大気の組成は、粉塵・ミスト・水蒸気を除いた、成分気体の体積比(vol%)で表すのが普通である。

成分気体 体積比(vol%)[1]
窒素ガス N2 78%
酸素ガス O2 21%
アルゴンガス Ar 0.93%
炭酸ガス CO2 0.039%

地殻
地殻に含まれる元素構成比率を示す。

構成元素 存在比率
二酸化ケイ素 57.3%
酸化アルミニウム 15.9%
酸化鉄 9.1%
酸化カルシウム 7.4%
酸化マグネシウム 5.3%
酸化ナトリウム 3.1%
酸化カリウム 1.1%
酸化チタン 0.9%

人体
以下は、人体70キログラムに含まれる各元素の体内存在量である。

多量元素
多量元素とは、体内存在量が1%を超えるもので、体内の98.5%を占めている。6元素ある。

構成元素 存在量(キログラム)
酸素 45.50
炭素 12.60
水素 7.00
窒素 2.10
カルシウム 1.05
リン 0.70
引用元:元素構成比 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%83%E7%B4%A0%E6%A7%8B%E6%88%90%E6%AF%94