【らせん高分子】岡本佳男

1979年に、世界で初めて
人工ラセン高分子の合成に
成功した日本の化学者は?
坪橋錠道
猿本正男
桜田勝二
岡本佳男(答)
21%

岡本 佳男(おかもと よしお、昭和16年(1941年)1月10日 – )は高分子化学者。名古屋大学名誉教授、特別招聘教授、ハルビン工程大学特聘教授。

世界に先駆けて不斉重合によって、選択的に高分子を一方方向のらせん型に合成したことで知られる[1][2]。また、らせん高分子を使用した鏡像異性体を分離する高速液体クロマトグラフィー用の光学分割カラム充填剤を開発し、その成果は医療や高分子研究に利用されている[3]。

業績

A:右巻らせん B:左巻らせん、AとBは互いに鏡像異性体の関係
1979年、世界初のらせん高分子の合成に成功した[2][4][5]。その最初の例は、かさ高い側鎖を持つメタクリル酸エステル類(TrMA, PDSMA等)を重合させて、完全に一方向の安定ならせん構造を持つ高分子を合成した。開始剤として、ブチルリチウムとスパルテインとの錯体を用いている[5]。
引用元:岡本佳男 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E6%9C%AC%E4%BD%B3%E7%94%B7

岡本佳男 おかもと-よしお

1941- 昭和後期-平成時代の高分子化学者。
昭和16年1月10日生まれ。阪大助手,ミシガン大博士研究員などをへて,昭和58年阪大助教授,平成2年名大教授。16年名古屋大エコトピア科学研究機構客員教授。17年藤原賞。21年名大特別招聘教授。21年高分子科学功績賞。26年らせん高分子の精密合成,構造,機能に関する研究で学士院賞。兵庫県出身。阪大卒。
引用元:岡本佳男(おかもと よしお)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%B2%A1%E6%9C%AC%E4%BD%B3%E7%94%B7-1123623